俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初霞熱くなりゆく地獄谷

作者 カイ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

年明けに温泉旅行に行くのですが、数年前に登別の地獄谷に行った時に、初霞も本来は冷たいですが、地獄谷あたりでは源泉の湯気と交わり温かくなっているだろうと感じた事を句にしました。

最新の添削

「初霞熱くなりゆく地獄谷」の批評

回答者 イサク

申し訳ありませんが、私の句の下五の意味がわからずに、どうしてカイ様は「季語が動く」と判断できるのでしょうか?

こちらの句の季語「初霞」も動くと思いますが、カイ様はベストと断言しました。カイ様にとって、ご自分の句は季語が動かないものでしょうか?

答えは自分で出してください。返答は不要です。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

霜むごと地獄谷へと雪を踏む

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

批評していただいた方に「ベストと判断し使いました」では、会話も、ご自身の成長も止まってしまいます。「ベストと思っていましたが再度考えます」ぐらいの返答でどうですか?

この句では主役が「地獄谷」になっていますね。つまり「初霞」「熱くなりゆく」はいくらでも検討の余地があるのだと思います。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

苦しくて夢から醒めぬ寒の月

作者名 かぬまっこ 回答数 : 3

投稿日時:

古茶覗き老婆とすする五十年

作者名 満州逆路 回答数 : 3

投稿日時:

ぼんやりと君を想うて夏の月

作者名 かぬまっこ 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初霞熱くなりゆく地獄谷』 作者: カイ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ