俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬空へ背筋を伸ばす裸婦の像

作者 そうり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

川村美術館へ行ってきました。コロナの影響で、予約制なのですが、かえって人も少なく、館内、苑内ゆっくりと見れました。

最新の添削

「冬空へ背筋を伸ばす裸婦の像」の批評

回答者 04422

こんばんは!
「冬耕」の句にコメントありがとうございます。老ひとり読者にお任せしましたが助詞「を」を使うのも良かった様ですね。勉強になりました。
御句についてはコメントさせていただきましたので省略させていただきます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬空へ背筋を伸ばす裸婦の像」の批評

回答者 猫山竹

句の評価:
★★★★★

こんにちは、川村美術館へ行かれたのですね😃実家から案外近いので、何だか嬉しいです。また、山茶花の句のコメントありがとうございます。表現したい事が伝わったようで嬉しいです。
御句、描写が生き生きしていて景がはっきり見えます。冬の澄んだ空に背筋を伸ばして裸で…身の引き締まるような一句ですね!

点数: 1

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬空へ背筋を伸ばす裸婦の像」の批評

回答者 根津C太

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございます。
都々逸親子と言う落語を聞いていたら作りたくなりました。
慕情を入れるといいと聞いて、父親の欲求によって生まれたというニュアンスを仄かに入れてみました。

点数: 1

添削のお礼として、根津C太さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬空へ背筋を伸ばす裸婦の像」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
よろしくお願いいたします。裸婦像。女性の逞しさを感じました。男性では句になりませんですね。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬空へ背筋を伸ばす裸婦の像」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

そうりさん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

冬空と裸婦像の取り合わせはとても良いのですが、中七「背筋を伸ばす」が少し散文的な感じがしました。
冬空へ背筋を伸ばす裸婦の像という光景はすごく浮かびやすいのですが、これ「冬空へ背筋を伸ばしている裸婦の像です」という、裸婦像自体の説明になっているように思います。あまり詩情を感じないというか。

「冬空へ裸婦像の背筋のピシャリ」
としてみました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬空へ背筋を伸ばす裸婦の像」の批評

回答者 拓也

句の評価:
★★★★★

そうりさん、おはようございます
黄昏という詩的イメージが
素敵なご添削ありがとうございました。

川村美術館、僕の母も大好きで、きれいな所ですよね。
像ですが、でもでも、
その像に命が宿って、
きれいな映像を体感させていただける句です。

点数: 1

添削のお礼として、拓也さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬空へ背筋を伸ばす裸婦の像」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

そうり様
空いていて良かったですね☺️私は国立西洋美術館に行きましたが、娘が一緒だったのと、姉がチケットが取れず、外の無料の絵を見ていたせいもあって、三十分で出て来てしまい、あまり楽しめませんでした。ただ娘は天使等の絵を見て、ちなちゃんやこれは、ときちゃん(孫💦)と云って、楽しんでるようで良かったです。川村美術館、画像で見てみましたが、素敵なところですね☺️✨是非行って見たいと想いました✨そうり様が楽しめて良かったです✨

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬空へ背筋を伸ばす裸婦の像」の批評

回答者 水越里絵

句の評価:
★★★★★

そうりさま
いつも添削ありがとうございます。
豚汁の俳句、お褒めいただき嬉しかったです。
そうりさまの句は透き通ったようなきれいなお顔立ちの裸婦を思わせました。実物を見てみたくなりました。

点数: 1

添削のお礼として、水越里絵さんの俳句の感想を書いてください >>

冬空や裸婦像の背の光りけり

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

 そうり様、お世話になります。
 御句ですが、面白い素材を取り合わせた句だと思います。ただ少し気になるのは、裸婦像の印象が強すぎて、季語「冬空」が弱い点でしょうか。
 私なら、裸婦像の背と冬空が重なるように描写するかもしれません。

例)冬空や裸婦像の背の光りけり

 なぜ裸婦像の背が光っているかというと、冬の日射しが当たっているからです。これで読み手の視線が、最後にまた冬空へ戻っていきます。

 追伸。この頃「俳句ポスト」や「俳句生活」にて、そうり様のお名前をよく見かけます。私もウカウカしてられないなと、いつも励みになっています。今後も、お互い切磋琢磨していきましょう!

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

咲く一輪散りぬ一輪ポインセチア

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 1

投稿日時:

狐火の設置カメラに映りけり

作者名 ちゃあき 回答数 : 2

投稿日時:

手枕に風のゆるくて夏近し

作者名 コウ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬空へ背筋を伸ばす裸婦の像』 作者: そうり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ