俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

止まらないあのねと添い寝する夜長

作者 たけたけ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

久しぶりに上の娘と寝ようとしたら「あのね」が止まりませんでした。

最新の添削

「止まらないあのねと添い寝する夜長」の批評

回答者 腹井壮

竹内さん、おはようございます。いつもコメント有り難うございます。この句は省略を効かせて読者にイメージを脹らませようとする意図が存分に感じられます。とてもいい句だと思います。
ところで以前に「~して」は説明的、理屈っぽいがそれらを回避する方法もあると申し上げました。

添い寝して「あのね」の続く夜長かな

「~して」を使った時は下五を「かな」で締めるとリズム感が良くなり説明や理屈っぽさが消えます。この方法は初心者向けの本にはあまり書かれていないかもしれませんが覚えておくとかなり作句に幅が出ます。先人も好んで使う詠み方です。参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「止まらないあのねと添い寝する夜長」の批評

回答者 04422

優しい世界感を感じます。ありがとうございました。僕の句は季重なりや説明句など駄作ばかり。夜にそんな駄作ですが浮かんできます。ノート持って付近を歩く習慣を身に付けたいものです。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

軍隊の行進のごと渡り鳥

作者名 いくたドロップ 回答数 : 2

投稿日時:

白昼は淑女の顔や白日傘

作者名 かぬまっこ 回答数 : 1

投稿日時:

片恋の女ひつそりと片蔭

作者名 かぬまっこ 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『止まらないあのねと添い寝する夜長』 作者: たけたけ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ