俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寝転んで窓越し祈念後の月

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

寒いので窓越しのお月見。欲ありて願い事も。

最新の添削

「寝転んで窓越し祈念後の月」の批評

回答者 猫山竹

こんにちは、情景がはっきり見えて、味わわせていただきました☺️
おそらく部屋の灯は消してあり、部屋の中に射す後の月の光も感じられます。叶うといいですね!勉強中なので添削ではないですが、
後の月窓に寝転ぶ祈念あり
とかあれこれ考えてます。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「寝転んで窓越し祈念後の月」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

素一さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

「窓越し祈念」というのがピンと来ませんでした。
祈りの内容を明確にしてもいいかなあと思い、
「内定を窓越しの月に祈りたる」

あるいは、月を修飾する方向で
「寝転びし窓に煌々後の月」

とかどうでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「寝転んで窓越し祈念後の月」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

おはようございます🌞
寝転んでいる様が浮かびました。
後の月を前に持ってきてもいいと思いますよ
◆後の月寝転んで玻璃越し祈る
でも、これだと祈りが重たい祈りみたいになっちゃいますかね

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「寝転んで窓越し祈念後の月」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

素一さま
こんにちわ。句意分ります。中七、、、、賛否分かれそうですね。
「祈る窓辺へ」「窓の向こうを」「窓を磨かん」、、、、等、読者に想像を託すよう考えてみたりしましたが、、、。いかがでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

満月の降りてきさうな山の端

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

年毎に喪中が増える年賀状

作者名 秋恵 回答数 : 6

投稿日時:

忘れずに今年も来たる花粉症

作者名 白井百合子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寝転んで窓越し祈念後の月』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ