俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

菜の花やこの先危険木更津市

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様こんばんわ。いつもお世話になります。最近、お姉さんのいるお店には縁がない腹胃壮です。どうせ行くならポッチャリ系か熟女系の店がいいのですが。

さて、久し振りに陽と陰をダイレクトにぶつける句にチャレンジしました。
今まで添削依頼をした

向日葵や秘密警察立つてをり
ひったくり痴漢に注意春うらら

は実際に外で感じたり本当に経験した事をベースにした句でしたが今回は完全に頭の中で作り上げました。一面に広がる菜の花の原っぱがありふと見ると道との境目のあたりに「この先危険 木更津市」の看板があります。菜の花が咲いている先の危険を知らせるように看板が立っている。そんなイメージです。
上部にある添削依頼句では入力情報に制限があり

菜の花や「この先危険 木更津市」

が本来の句です。
それでは皆様の御意見や添削をお待ちしております。

最新の添削

「菜の花やこの先危険木更津市」の批評

回答者 白井百合子

腹胃壮さんこんばんは。
花の雨の句を腹胃壮さんのご指導のもといろいろ考えてみました。
花の雨畦ゆく妻のうなじかな
いろいろ考えてこうなりました。男性の後ろ姿お好みランキング
一位はお尻
二位は脚
三位は髪型
四位は背中
なんて書いてありました。
妻のお尻を感謝して見る夫なんていないだろう。
脚も同じ
その次が腹胃壮さんのお好みである髪型でうなじとなりました。
私の頭ではいい言葉が浮かばないです。助けてください。

点数: 0

添削のお礼として、白井百合子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

菜の花やこの先危険木更津市

回答者 三日酔いの防人

腹胃壮様、今晩は。ネギ談義の句への添削誠に有難うございました。さて、なかなか飛躍した発想ですね。木更津市のディープな感じは評価できます。たまにはこの手の作句も面白いと思います。私も一句
菜の花やキケンナキザシキサラズシ
と韻を踏む程度でご勘弁してください。

点数: 2

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

「菜の花やこの先危険木更津市」の批評

回答者 かぬまっこ

今晩は✨(*^^*)🎶ポッチャリ系と熟女系🌻どちらもクリアーしているかぬまっこです。💓❤
三段切れと思われるから表記は

🔷菜の花や「この先危険木更津市」

としてはどうでせうか❔

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「菜の花やこの先危険木更津市」の批評

回答者 北野きのこ

腹胃壮さんおはようございます。
私の葱の句にコメントをいただき、ありがとうございました。
「葱」の加熱前後の変化に託した内容を読み取っていただけて、非常に嬉しかったです。
ただ、ご指摘の様にもっと「ツンデレ」成分を押し出したい所ですね。
精進致します。

さて木更津市についてほとんど具体的なイメージが無い私ですが、句の感想を述べさせていただきます。
暴走族、氣志團、アクアライン、工業地帯…?

この内容であれば、やはり本来の表記の通りにカギカッコが添えられた方が映像が明確になると思います。
添えられていれば、ただ詠み手が「危険だぞー」と考えているのではなく、菜の花畑に立て看板があるのだと理解できます。

「危険」と「木更津市」の間を一文字空けてあるのは、自治体が立てた看板ですという主張の為でしょうか。
この点が掲句において重要なポイントだと私は思います。

というのも、「木更津市」に「危険」を添える事の是非が私の最も気になった点だからです。

前述の通り私には木更津市についての知識がほぼありません。
この状態で掲句に出会うと(特に鉤括弧や空白が無い表記だと)木更津市が大変な犯罪都市であるかの様に感じてしまいました。

つまり「危険=木更津市」と読んでしまうと陰と陽の対比の効果がかなり過激な方向に振れてしまうと思うのです。
恐らくこの読解は木更津市の実態とも、腹胃壮さんが表現したかった内容とも異なっているのだと想像しています。

記述されていないので「危険」の具体像は読者に委ねられているし…
一方で詠み手から木更津市に対して「危険」という強いレッテル貼りが為されているし…

深読みし過ぎた場合、「詠み手に地域に対する偏見があるのではないか」と誤解を招きかねないと思います。
特に今回は「頭の中で作り上げた」とのお話でしたので。

こういった考えも木更津市が警告
を発している主体だと読み手に伝われば杞憂なのですが。
誤読を回避する為に固有名詞は省くべきだというのが私の考えです。

菜の花やこの先危険と赤い文字
菜の花や灯り少なき花柳街
菜の花やコンビナートの灯の遠し

状況の生々しさは掲句の方が優っている気がするのですが…。
長々と失礼しました!

点数: 1

添削のお礼として、北野きのこさんの俳句の感想を書いてください >>

「菜の花やこの先危険木更津市」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃私の古草と二月尽の句にコメントありがとうございます🎵確か、腹井壮さまは叩くと少し女性関係のホコリが出るとか…。ちょっと艶っぽくて素敵❗⤴🎵✨❤
所で、佐野ラーメンは高速道路の佐野のドライブインで東京に行った帰りに食べることが多いです。結構美味しいですよ🍀(*^^*)

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「菜の花やこの先危険木更津市」の批評

回答者 白井百合子

腹胃壮さんこんにちは。
いつもコメント添削ありがとうございます。
木更津市に何か危険なことがあるのですか?
危険というと悪の方向に気持ちが行くけど心配無いですか?

点数: 1

添削のお礼として、白井百合子さんの俳句の感想を書いてください >>

「菜の花やこの先危険木更津市」の批評

回答者 森 教安

腹胃壮さん、コメントありがとうございました。
俳句初心者ですので、感じたことだけを書かせていただきます。
菜の花畑のそばに、「この先危険 木更津市」の立て札があるという何とも不思議な感覚を想起させる句ですね。普通は「この先危険」の立て札は、山道などにあることが多いと思いますが、この句の場合には、危険の内容をいろいろと想像させます。私は関西の人間なので、木更津市についての知見がなく、危険と木更津市が結び付きませんでした。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、森 教安さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋桜の丘に登れば花布団

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

紫陽花や齢五を乗す霊柩車

作者名 つちや郷里 回答数 : 3

投稿日時:

木登りを習ふ少女や雲の峰

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『菜の花やこの先危険木更津市』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ