俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

対局の沈黙つづく秋灯下

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

しばしは読みにふける。

最新の添削

「対局の沈黙つづく秋灯下」の批評

回答者 かこ

囲碁とか将棋って、対局中はふつう黙ってませんか?「ありません。」とかぐらいしか聞いたことないです。だから、
⚪︎対局の沈黙やぶる秋灯下
の方が句として意味が発生する気がします。
素人の将棋は喋りながらするからということであれば、
⚪︎素人将棋沈黙続く秋灯下
にすると素人将棋の中にも緊張感あり、ということが伝えられると思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「対局の沈黙つづく秋灯下」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは👋😃
囲碁も将棋もとんと分からない、かぬまっこです。

こんなどうでしょうか❔

対局の沈黙長き秋灯下

かぬまっこは久田しげき様を応援していますよ。(*^^*)

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

対局の詠みにふけいる秋灯下

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

久田しげき様
私は囲碁も将棋も致しませんのでよくわかりませんが(すみません💦)、相手に悟られない様に相手の手を詠むという事でしょうか?秋灯の下、風情があって素敵だなあと感じました。長い夜になるのでしょうか?味わいのある夜ですね。

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「対局の沈黙つづく秋灯下」の批評

回答者 猫山竹

句の評価:
★★★★★

久田しげき様 対局の、読みの時間の静けさと、その静けさをねらって埋めていくかのように秋灯火の明かりが満ちていくさまが感じられ、秋の夜の静けさ、長さ、ほんの少しの怖さも感じられ、趣深く豊かな気持ちになります。素敵な句をいつもありがとうございます!

点数: 0

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

熱帯夜日またぐ頃には逃げる布団

作者名 たか 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

夏未明一枚切れの發を待つ

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 6

投稿日時:

デパ地下で呼び止められる春の宵

作者名 かぬまっこ 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『対局の沈黙つづく秋灯下』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ