俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

頭から落とされてゆく鮪かな

作者 ゆめこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

工夫した所→切れ字に挑戦

最新の添削

「頭から落とされてゆく鮪かな」の批評

回答者 いなだはまち

ゆめこさん
拙句へのご批評ありがとうございます。
比喩の句は、殆ど詠んだことがありませんが、酒を飲みすぎて落ちた時の感覚は、突然滝口から滝壺へ落ちる感覚に近いかと思い、チャレンジいたしました。

御句、冷凍鮪は深読みでしたね。仰るように「工程」は何とか感じ取れました。
人様の句を鑑賞するという力が欠如しておりますので、素直に嬉しく思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「頭から落とされてゆく鮪かな」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

おはようございます
私には市場での解体の様子が浮かびました。周りの活気も伝わります。かなの詠嘆で余韻が感じられて詠み手が何かを感じているのが伝わりました。
私には大きかろう鮪の景が「かな」の詠嘆で弱めているように思えました。
◆頭から落とされてゆく鮪あり
と言い切ってしまうのはどうでしょうか。

点数: 2

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「頭から落とされてゆく鮪かな」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

ゆめこさん
一読して、
「鮟鱇の骨まで凍ててぶち切らる」の豪快な句が頭を過り、無意識に比較してしまいます。嫌な性格ですね。

中七は敢えて時間の経過を詠まれたのか、もう一つ情報を入れて緊迫感を出したいかなとまず感じました。
待て!さてこの鮪は冷凍なのか?生鮪なのか?どっちだ?
「落とされてゆく」・・冷凍に違いない。工場か!捌くではなく落とすと、、。
ゆくは、次の工程を意味しているのか!
そんな風に読ませていただきました。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「頭から落とされてゆく鮪かな」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

ゆめこ様
こんにちわ。市場か、鮮魚店か、御寿司屋さんか、、、、鮪の解体の景がしっかり浮かびました。「ゆく」が効いて映像を読者にうえつけますね。下五「大鮪」としても豪快さが出ていいかも、、、、と感じました。
「頭から落とされてゆく大鮪」、、、。

点数: 0

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ビバルディの春に聴き入り春を待つ

作者名 04422 回答数 : 1

投稿日時:

教室の後のステップライディーン

作者名 コウ 回答数 : 2

投稿日時:

リモートで古希の祝宴冬うらら

作者名 04422 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『頭から落とされてゆく鮪かな』 作者: ゆめこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ