俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

おつとつと升をこぼるる新走り

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

僭越ながら、久田さんの本歌どりをさせていただきました。
これは写生句ではありません。すみません。

最新の添削

「おつとつと升をこぼるる新走り」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは
再びのコメントありがとうございます😊
いなださんも以前仰っていた通りに詠み手から離れたら読み手の手の中ですから。気になどしておりませんよ。いなださんの柔軟な発想力には羨ましく思っております。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「おつとつと升をこぼるる新走り」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

おはようございます
拙句「蝉の骸」へのコメント、ご提案ありがとうございます😊心情を入れるのも難しいですね。私の場合は陳腐になりがちで(笑)アドバイス心に留め置きます。感謝いたします。
揚句について
場面がよく伝わります。久田さんとは違った趣きですね。
返句として既発表句を
○新走り目尻のしわの深くなり

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「おつとつと升をこぼるる新走り」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんにちは
昼休みに、、、。
返句へのご指摘ありがとうございます。
なるほどです。宇多喜代子先生に「なり」と言い切ったのがよいと選をいただいた句なのですが、色々な見方があると勉強になりました。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「おつとつと升をこぼるる新走り」の批評

回答者 ゆめこ

句の評価:
★★★★★

師匠から貰った歳時記には載っていましたが、まだまだ浸透していないのかもしれないですね。傍題『万聖節』例句『面取ればただの男よハロウィーン』あべふみ江。恵方巻は節分したったけ?念のために他の季節も調べましたが載って無いですね。ちなみに信じ難いかも知れませんが花粉症も春の季語として載っています。

点数: 1

添削のお礼として、ゆめこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

淋しくば月見ろ俺も見てるから

作者名 なおじい 回答数 : 7

投稿日時:

大空を吾れの池とす鯉のぼり

作者名 さつき 回答数 : 5

投稿日時:

窯の火のいよよ盛んに鳫渡る

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『おつとつと升をこぼるる新走り』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ