俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

月の蝕地震ウイルス放火デマ

作者 南風の記憶  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 季語「月の蝕」。月食の不吉な雰囲気に、現代の災難四つを組み合わせた(ことわざの「地震雷火事親父」のもじり)。
 俳句というより、川柳かな……

最新の添削

「月の蝕地震ウイルス放火デマ」の批評

回答者 いなだはまち

南風の記憶さん
拙句へのご批評ありがとうございます。
また、御句の解説をいただき、ありがとうございます。
私自身、比喩や擬人化のイロハも分からず、お目汚しの句、失礼しました。

「共通項のあるものを組み合わせる」という考え方は、私にとって非常に新鮮です。
よく「近い」という批評を見聞きしますので、そのような考え方で言葉を選んだことや描写を試みたことがありませんでした。
勉強になりました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「月の蝕地震ウイルス放火デマ」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

おはようございます
確かに川柳っぽいですけれど、私は好きです。
特に「デマ」を入れたセンス!
私ならば、月に暗喩させずに笑ってもらいます。
月笑ふとしても嘲られているようでしょ⁉︎ 笑

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「月の蝕地震ウイルス放火デマ」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

南風の記憶さん
チャレンジ句ですか?選を受けた句ですか?

子規の句に、ご存じかもしれませんが、
「老鶯若時鳥今年竹(ろううぐいすわかほととぎすことしだけ)」があります。
季語分類は、老鶯で夏らしいです。by「子規365日、夏井いつき

私も一句、
「月煌々芒咆哮吾吟行」
お後がよろしいようで。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「月の蝕地震ウイルス放火デマ」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

南風の記憶さん
ご批評と添削、ありがとうございます。
類想あり・説明だ・・、そうなんですが、晩年の立子に赤い羽根を付けたら、こんな感じかなという思いでした。俳句の鑑賞として、マニュアルに沿っているかいないかを先ず考える(粗を探す)みたいに批評するより、作者の思いに寄り添ってみて、何でこのような句を作ったんだろうという背景みたいなものを考えて鑑賞することも俳句との付き合い方ではないかと思うこの頃です。
女性と同じく好きなタイプの句とそうでない句(主観)は、ありますが、、。笑
引き合いに出して申し訳ないのですが、堀籠さんの句に対しては、選に選ばれそうか否かという基準でなく、楽しませていただいています。
狙っておらず、作った感じがなく、作者から迸り出た言葉・思いを感じるからです。
私の句の弁護をしているのではなく、俳句との向き合い方のひとつとして、「評価」という視点ではない、鑑賞もあるのではないかと思うこの頃です。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ガジュマルの折れつぱなしに山眠る

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 4

投稿日時:

鍋物に白菜の顔見つけたり

作者名 秋恵 回答数 : 2

投稿日時:

シャキシャキと白菜はみつ句を捻る

作者名 よした 山月 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『月の蝕地震ウイルス放火デマ』 作者: 南風の記憶
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ