俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋の炉や妻の焼きたてくるみパン

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

だからどーしたって句かなぁ

最新の添削

「秋の炉や妻の焼きたてくるみパン」の批評

回答者 そうり

鳥越暁さま
よろしくお願いいたします。「颱風」の句、鑑賞ありがとうございます。昨年、九月の台風で、被害を受けましたので、以来台風状況に敏感になり、とっさに思いつきました句です。投句後、ご指摘の「感」有で、句意に後悔はないのですが、推敲をすれば良かったと、、。添削句、、、、参考になりました。ありがとうございます。俳句を今年、一月から始めた初心者です。独学です。ある方のアドバイスで、添削は句作りとともに、勉強になるとのことで、本道場に参加させていただいています。今後ともよろしくお願いします。「秋の炉」のように衒いなく、生活句を素直に詠めたら、、、と最近、特に思います。貴句、、、「場所」、「人物」、「物」が畳みかけるように映像になって、パンの匂い、間食、食卓の風景までもが浮かびました。このような句、、、詠みたいものです。

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋の炉や妻の焼きたてくるみパン」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

鳥越さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

あーこれはとてもいい。
こういう何でもない出来事を自分の言葉で詠んだ俳句は好きです。
その人のリアルな日常の息遣いが感じられますね。

点数: 3

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の炉や妻の焼きたてくるみパン」の批評

回答者 根津C太

句の評価:
★★★★★

子供というのは意外と敏感です。
嗤うという言葉を知らなくても、その概念には気づいています。
同級生から嗤われたり、逆に嗤ったりするという経験をする子って多いと思いますよ。

あの句は、「運動会なんて、僕みたいな運動音痴を嘲笑うために作ったんだ。周りの山が微笑んでるなんてみんな言うけど、僕には嘲笑にしか見えない」という小学校時代の私の気持ちをストレートに詠んだつもりです。この気持ち自体が曲がっているんじゃないか?と言われたらもうぐうの音も出ませんけど

点数: 3

添削のお礼として、根津C太さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の炉や妻の焼きたてくるみパン」の批評

回答者 えこ

句の評価:
★★★★★

鳥越暁さま。
「いわし雲」の添削ありがとうございました。
御句ですが、私の母もくるみパンが好きでよく買ってきます。
それが奥様の焼きたてとは。
すてきな朝を想像しました。

点数: 3

添削のお礼として、えこさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の炉や妻の焼きたてくるみパン」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

いわし雲の句へコメントありがとうございました😊擬人化ですね。でも、逆で読んでいただいてもオッケーです。😃

貴句はとても良いですね。柔らかくて、優しくて。くるみパンは一番好きなパンです。代表句にして良いですよ。

点数: 2

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の炉や妻の焼きたてくるみパン」の批評

回答者 武照

句の評価:
★★★★★

とてもいいです。炉で奥さんに焼いてもらうパンが完成前から待ち遠しくする様子や、焼き立てを美味しそうに方ばる姿までもがうかびます。

点数: 2

添削のお礼として、武照さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の炉や妻の焼きたてくるみパン」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

おはようございます(*^^*)
素敵な奥様ですね。
秋の炉を詠嘆しないで、こんなのはどうでしょうか❔

秋の朝妻の焼きたてくるみパン

素敵な朝だなぁ。(*^^*)

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の炉や妻の焼きたてくるみパン」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

あの、横入りでごめんなさい。
根津様の句ですがたぶん、
山笑う→笑う山→嗤う山
にされたと思います。
運動会が春だったとその前の句で書かれていたので。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の炉や妻の焼きたてくるみパン」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

鳥越暁さん
日常を詠む俳句、素敵ですね。
俳句のある生活を楽しいと思えることに、本当に感謝です。

いいですね!奥さんの焼いたパンを召し上がれるなんて、なんと贅沢な日常。
我が家の時差は、開くばかりです。

妻の、と詠むことで、奥様への愛情を感じます。私も「妻との時差」でしたが。笑
さりげなく季重なりっぽくして秋を一層際立たせることに成功してますね。

切れ字「や」の効果が薄い言葉の配列ですので、「の」が自然な感じがします。
「を」もありますが、パンたちが炉を通ってきました。の意味になり、やや不自然かも知れません。

パンの焼ける匂いが、こちらにまで伝わってきています。
胡桃は、リスもイメージさせます。窓の外、あっリス!
楽しませていただきました。♪♪

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の炉や妻の焼きたてくるみパン」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

小銭入れの句へコメントありがとうございました😊鳥越さまの読みを聞いて、あっそうだと思いました。そういう読みをされる方の方が多いですね。多分。ずっと考えているのですがなかなかすっきりとした案が出ません。また、考えます。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鮠を釣る浅瀬を上へ小半日

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

冬夕焼なんと些々たるグラデーション

作者名 イサク 回答数 : 3

投稿日時:

アリンコに塗ってあげたい日焼止め

作者名 大江深夜 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋の炉や妻の焼きたてくるみパン』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ