俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋の日を居間たっぷりと硝子拭き

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

10月です。開けているより閉める事の多くなった硝子戸。硝子拭きをしました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋の日を居間たっぷりと硝子拭き」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんばんは、再び。
拙句「虫食ひ」についての添削御礼忘れていました。
拙句については「接続助詞」の使い方により上手く伝わらなかった例となりました。
穴の様子が丸あり、ハートありとの句意です。
「の」「に」「の」が私の意図以外の働きをして、皆さんに伝わっていきました。
○虫食ひは丸にハートに落葉かな
○虫食ひは丸やハートの落葉かな
などと助詞の選択で色々と考えることができそうです。

点数: 2

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の日を居間たっぷりと硝子拭き」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

素一さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

語順が少しばかり気になりました。
僕は「秋の日を居間/たっぷりと硝子拭き」という区切り方で読みました。
秋の日を居間で過ごす、たっぷりと硝子を拭く。読み終えた後に光景は浮かぶのですが、切れ切れした感じになってスッと入って来ませんでした。
拭いているのは居間の硝子ですから、「居間の硝子」と繋げて表した方が得かなと思います。

秋の日やたっぷり居間の硝子拭き

くらいにしとくと、伝わり易いんじゃないかなと思いますが…どうでしょ。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の日を居間たっぷりと硝子拭き」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんばんは
揚句について
さて、仰りたいことは分かりますよ。でも、不自然です。
秋の日が居間にたっぷりとそそいでいて、ご自身はおそらくはその日を浴びながら硝子拭きをしているのでしょう。
語順を変えてもいいですし、そのままの構成語でしたらば
◆秋の日に居間の満ちたり硝子拭き
なんてどうでしょうか

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

秋の日をたつぷり居間の硝子拭き

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

語順のために少し分かりにくくなっていると思います。居間とたっぷりを入れ替えるだけで良いと思うのですが‥😃

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋の日を居間たっぷりと硝子拭き」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

素一さま
良く「説明臭い」という批評を目にします。
説明臭さは、句の奥行や余情の妨げになりやすいです。

なぜでしょう?どうすれば良いのでしょう?についてです。
キーワードの配列はそのままに、説明臭さをなくすとしますと、

秋の日を居間たつぷりと硝子拭き⇒「と」が説明くさくなります
「と私は入れています」と説明しています

秋の日を居間たつぷりの硝子拭き
秋の日の居間たつぷりの硝子拭き

その他にも添削案は沢山あるかと存じますが、「の」は偉大です。

拙句、うめぼしの句を参考までに。
うめぼしの髄のやわらか秋渇き

うめぼしの髄やわらかく秋渇き・・説明臭くなります

少しでも参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

プーチンの居る人類の日々寒し

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

魔の一手人には見えぬ月の裏

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

爛漫のコスプレイヤー汗光る

作者名 海乃一夏 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋の日を居間たっぷりと硝子拭き』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ