俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅が枝に六つ八つ蕾み花三つ

作者 aun  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ふと庭の梅の木に目をやると蕾が膨らんでいたその数は6~8個。他に3個がすでに開花していた。数えながら冬が終わるんだなと名残惜しくも思い、又春の到来に心が弾む。

最新の添削

梅三つ蕾六つ八つ庭の端

回答者 虚俊

なげやりに作られていると感じる原因の一つは対句がしっかりできていないからだと思います
「六つ八つ蕾三つ花」とするか「蕾六つ八つ花三つ」として「先に数詞」か「先に名詞」として統一させましょう
梅は枝に咲くものですから「枝に」が不要ですね「蕾み」も「蕾」として視覚的に美しくしましょう
「庭の端」とすれば春が少しずつ訪れているのだということも伝わりますかね

点数: 0

添削のお礼として、虚俊さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「梅が枝に六つ八つ蕾み花三つ」の批評

回答者 腹井壮

aunさん、こんばんわ。

切れがどこにあるのかわからず「花」といえば俳句では桜の事を言います。なんだかとっ散らかった印象しか受けないないので御自身で今一度言葉の整理をされてはいかがでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「梅が枝に六つ八つ蕾み花三つ」の批評

回答者 腹井壮

aunさん、こんばんわ。何がきっかけで始めようが俳句は楽しく奥が深いです。自分も始めてようやく丸二年になろうかというところですので奥はおろか入口にもいるのか怪しい物です。お互い精進しましょう。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

回廊の艶ある柱寺小春

作者名 久田しげき 回答数 : 4

投稿日時:

母のあと幼麦踏むよちよちと

作者名 未知夫 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

ぷっくりと露に光りし茄子かな

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅が枝に六つ八つ蕾み花三つ』 作者: aun
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ