俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

故郷に続く空かと夕端居

作者 三男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは
昨夜は商業施設で外食をしましたが、土曜日とあって多くの家族連れで賑わい、あたかも日本の夏祭り、境内の人通りが絶えない感じでした。
ふと"室生犀星"の詩がもたげ、見あげた空は故郷につながっていると思いました。
ベランダではなく端居を用い、他に

故郷に同じ空かと端居せる

と詠みました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

夕端居あの青空はふるさとへ

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

三男様、お世話になります。
素朴な光景を切り取った好句だと思いますが、「続く」が説明的で気になります。もっと実感を持たせるため”あの青空”と差して言う描写にしてみました。また助詞「へ」を使い、空を辿っていくと故郷へ辿り着くイメージにしています。いかがでしょうか。

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

ふる里に続く空かと夕端居

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

良いですね。三男様の素直な気持ちが出ていて。
こきょうかふるさとかの読み間違いをさける為と季語の夕端居を目立たせるために画数の少ない表記に替えてみました。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「故郷に続く空かと夕端居」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

三男様
よろしくお願いいたします。

「夏の空喪服の…」の句へのコメントありがとうございます。私の想いを汲み取りながら丁寧にコメントして頂いただいて…嬉しい限りです。
野辺という言葉。勉強になります。自身の語彙をこういう形で増やしていけたら良いなと思いました。また、手向けという表現も聞き慣れた言葉でも、浮かばなかったなと、思わされました。
参考句から、いろいろと考えが出てきました。ありがとうございます。

『故郷に続く空かと夕端居』空をみて故郷を想う。空の広さを感じれました。夕という言葉がより想い深さを出しているようにも感じました。

点数: 1

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

「故郷に続く空かと夕端居」の批評

回答者 拓生

句の評価:
★★★★★

蠛蠓の件、コメントありがとうございまた。蠛蠓にした理由は状況と蠛蠓という字の雰囲気が合っているといった理由で蠛蠓を選びました。今後とも宜しくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、拓生さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

異常気象秋のもみじを襲う影

作者名 三好弾 回答数 : 1

投稿日時:

バステトよ冬三日月に駆け去りて

作者名 大猫 回答数 : 1

投稿日時:

立ち読みのページをめくる秋の風

作者名 ラララ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『故郷に続く空かと夕端居』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ