俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

一本の蕨見つけて土手降りる

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

実況放送そのもの句でしたの少しは手直ししてみました…。

最新の添削

「一本の蕨見つけて土手降りる」の批評

回答者 まちる

率直な感想が、烏滸がましいのですが
「面白くなりそう!」でした

獲得する【1本の蕨】とその為の必要な労力の【土手】の存在で具体化されてて素敵です。
プロットが好物の発見から獲得する為の行動まででスッキリしてますし
嬉しさと労力の惜しまなさの心情が伝わってきます

ただ説明ぽく見えてしまったのかそれが「面白くなりそう」と思えてしまったのかもしれません、、、
蕨を見つけたから土手を降りましたのようで、、、
どうしたらいいかは、もちろんわかりません!

点数: 2

添削のお礼として、まちるさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「一本の蕨見つけて土手降りる」の批評

回答者 いなだはまち

ワカシ君一年生です。
ピノッキオは、取り合わせの句と思っていただけると嬉しいのですが、。
俳句は、読み手が一読してどう感じるかですので、千日草様の「わからない」も立派な評価です。ありがとうございます。
写生力は優れておられるので、心象風景を
少し足すことを意識されると、句に奥行きや詩が生まれ、共感に繋がるのではないでしょうか。
掲句は、例えば蕨の立場で詠んでみるとか、蕨に呼ばれたとかするのも面白いですよね。

点数: 2

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「一本の蕨見つけて土手降りる」の批評

回答者 いなだはまち

ワカシ君一年生です。
添削など、おこがましいのですが、例えば
◆一本の蕨に呼ばれ降りる土手
「蕨が呼ぶはずがない」と仰る方も沢山おられると思いますが、詠み手の勝手です。
心象風景ですので。
「写生」は基本ですが、写真より読者の体験に照らしてもらったり、映像を膨らませてもらえるのが、俳句の醍醐味ではないでしょうか。批評も自由ですので、必要以上に気にすることはないです。
あっ、あまりでしゃばらないよう注意注意。

点数: 2

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「一本の蕨見つけて土手降りる」の批評

回答者 いなだはまち

ワカシ君一年生です。
季語と名詞と助詞だけで、何句か作ってみてはどうでしょうか。動詞も形容詞も比喩も使わずに。
尚、いらぬおせっかいは、スルーしてくださってかまいません。

点数: 2

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「一本の蕨見つけて土手降りる」の批評

回答者 耳目

こんばんは、耳目です。拙句にコメントありがとうございました。
これは極めて個人的な意見ですが、俳句の鑑賞はそこまで力を入れなくてもいいと思いますよ。ぶっちゃけ僕は観賞が苦手で、良いか悪いかくらいの判断しか出来ないのです^^;
ただ、それでいいとも思っています。「説明できないけどなんとなくいい俳句」そういう句がもしかしたら名句になるのかもしれません。

さて、こちらの掲句ですが「降りる」ではなく素直に「下りる」の方が解り易いと思います。
また、「~して~する」という形は原因と結果。俳句ではあまり好まれません。

一本の蕨へ土手を下りにけり

とりあえずまとまりましたが、もっと情報を入れられるかな・・と思いました。
ご参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、耳目さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

美観地区下流から流る白鳥

作者名 黒徹 回答数 : 2

投稿日時:

帰り急く我が子や紙の鯉のぼり

作者名 まーま 回答数 : 5

投稿日時:

醤油屋の蔵はギャラリー春灯

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『一本の蕨見つけて土手降りる』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ