俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

恋猫やヘッドライトに目の光る

作者 そうり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

色々作ったのですが、、。結局シンプルになってしまいました。

最新の添削

ヘッドライトに眼光らせ恋猫や

回答者 あさこ

添削ありがとうございました。
現在の主人公が雛壇を見ながら、幼少期の気持ちを思い出す。とゆう光景を描きたかったのですが、過去の描写が強くなりましたね…

情景が浮かんできますね!
恋猫とゆうのは、発情してるとゆう意味もあるのですね。

添削ではないですが、
自分でも作ってみました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、あさこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「恋猫やヘッドライトに目の光る」の批評

回答者 女郎花

句の評価:
★★★★★

『猫の契』への感想と評価をいただきありがとうございます
『猫の恋』とは違う印象とのご意見が、とても参考になりました
「別に『猫の恋』でもいい」と誰かに言われそうだと、投稿したときは思っていました

季語として歳時記に載っているのは、多くが『猫の恋』で傍題に『猫の契(ちぎり)』というものがあります
傍題は「ニュアンスを変えた季語」と私は捉え、そのニュアンスが欲しいときに使うよう心がけています
その心がけが実ったようで自信がつきました

点数: 1

添削のお礼として、女郎花さんの俳句の感想を書いてください >>

「恋猫やヘッドライトに目の光る」の批評

回答者 女郎花

句の評価:
★★★★★

こんにちは
盛りのついた猫が夜の住宅街を徘徊していて、車のヘッドライトに反応した様子が見えてきます

シンプルに描くのは基本でありながら、なかなか上手に出来ないものです
基本が出来ていないと工夫が上滑りして、作品として成立しないことも起こります

基本が出来ているので、言葉を少し変えることが出来る句です
「光る」もいいですが、ここに恋猫の気持ちを代弁する言葉選びをするのも面白いと思います

恋猫やヘッドライトに目がギラつく
メス猫を落としてやるぜという感じ

恋猫やヘッドライトに目がおよぐ
うっかりしていたよという感じ

二度言いますが、シンプルに詠めることが大事です
でも、「シンプルに詠めたからこの句は終わり」ではもったいないです
そこは「始まり」なんですから

点数: 1

添削のお礼として、女郎花さんの俳句の感想を書いてください >>

「恋猫やヘッドライトに目の光る」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

そうり様
いつも深い読みありがとうございます😊
嬉しく、申し訳なく。🙇‍♀️
いや、ひたすら寝てるので、それを表したかったです。現実は彼女が来たらパジャマで降りてきます。😜

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ストーブを囲む嬌声近寄れぬ

作者名 卓鐘 回答数 : 7

投稿日時:

誰そ彼ダージリンから檸檬の香

作者名 回答数 : 7

投稿日時:

新海苔を噛めば吐息も潮となり

作者名 鳥越暁 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『恋猫やヘッドライトに目の光る』 作者: そうり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ