俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

聳え立つ門松包む古校舎

作者 岡原拓馬  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

廃校した校舎に大きな門松が設置されている様子を目にし、校舎が門松を優しく見守っているように感じて作りました。

最新の添削

廃校の門に大きな松飾り

回答者 宮武桜子

古校舎と詠むと廃校ではなく、歴史のある学校と伝わる可能性が高いと思います。
そのまま詠んだ方が読み手は敢えて門松を置いている人の気持ちを想う気がします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

白梅の咲いて眉間の皺ゆるむ

作者名 もんな 回答数 : 5

投稿日時:

冬の夜にピアノソナタの幼女おり

作者名 和光 回答数 : 1

投稿日時:

バス停に海の匂いの帰省かな

作者名 やまの はるか 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『聳え立つ門松包む古校舎』 作者: 岡原拓馬
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ