俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

インフルエンザ赤い顔して薬吸う

作者 あっきい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

最近はインフルエンザ治療薬も吸入薬が主流になりました。

最新の添削

インフルエンザ全身で吸い込む薬

回答者 虚俊

インフルに毎年かかっております学校サボれるラッキーなんて言ってられません
熱が出てれば当然顔は赤いわけで書かなくても伝わることです
もうインフルのときは頭回りませんからすがる思いで薬を吸い込みます添削句はずいぶん乱暴で申し訳ないのですがまさにそんなかんじです

点数: 0

添削のお礼として、虚俊さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「インフルエンザ赤い顔して薬吸う」の批評

回答者 ハオニー

言いたいことは言えた句、そこで止まっています
この句を読んで感じ取れるものは「インフルエンザの人が大抵行う対処法」です

本意から離れてしまいますが、俳句に近づける方法を一つ
「薬吸う」は多くの人が知っていることですから、違うものを吸わせてみましょう

私なりに
静寂を吸うインフルエンザの夜(17音)

インフルエンザにかかると、普段なら静寂が訪れる時間さえも来ない...
という夜の一句です

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

軒天のおほ凍て牙に雫落ち

作者名 みちのく 回答数 : 1

投稿日時:

濃き紅のこれでよかろう椿落つ

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

風鈴や濃紫陽花の花手水

作者名 HIGUMA 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『インフルエンザ赤い顔して薬吸う』 作者: あっきい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ