俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鷹消へて空はせつなくなりにけり

作者 一本勝負の悠  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

鷹(たか)三冬
2011/03/24
【子季語】
のすり、八角鷹、熊鷹、鶚、青鷹、蒼鷹、もろがへり、大鷹
【解説】
ワシ、タカ科の中形の鳥類の総称で、色彩は主に暗褐色。嘴は強く鋭く曲がり、脚には強い大きな鉤爪があり小動物を襲って食べる。鷹狩に使われているのは主に大鷹である。蒼鷹(もろがえり)は、生後三年を経たたかのこと。

【例句】

鷹一つ見付けてうれし伊良古崎
芭蕉 「笈の小文」

夢よりも現の鷹ぞ頼もしき
芭蕉 「鵲尾冠」

鷹の目の枯野にすわるあらしかな
丈草 「菊の香」

あら浪に山やはなれて鷹の影
麦水 「葛箒」

落し来る鷹にこぼるる松葉かな
白雄 「白雄句集」

鷹来るや蝦夷を去る事一百里
一茶 「寛政句帖」

鷹とほる柿爛熟の蒼の中
飯田龍太 「春の道」

ただ一つ飛びゆく鷹のさびしさよ
長谷川櫂 「虚空」

最新の添削

「鷹消へて空はせつなくなりにけり」の批評

回答者 丼上秋葵

鷹を季語に据えながら、去った後の空の余韻が主になっているのは憎い演出だと思います。「せつなくなりにけり」で情感がしみじみと伝わってくる素直な句だと感じましたが、「せつなくなる」という言葉を使わずに、情景描写のみでせつなさを感じさせることができたら、よりよい句になると思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

舞茸は花びらのごとく籠の中

作者名 水越里絵 回答数 : 3

投稿日時:

愛犬に舐め回される捨案山子

作者名 ハオニー 回答数 : 3

投稿日時:

手のひらに生命線や冬ざるる

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鷹消へて空はせつなくなりにけり』 作者: 一本勝負の悠
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ