俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋遍路行けども行けども地獄花

作者 一本勝負の悠  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

中八で、季重ねですが何か? 初心者のいなださん、千日草さんへ。

最新の添削

「秋遍路行けども行けども地獄花」の批評

回答者 幸福来々

お久しぶりです!
「手の腹」の句のコメントありがとうございます!
ちょいちょい悠さんの句は拝見してましたよー。

まぁーだ続いてるから、最初で最後こういうコメントしますけど、私は悠さんの添削に対して不満だったり不愉快に思ったことありませんし、個人的に悪いと思ってないです。

句力がない人に発言するなと言いたい訳じゃなくて、他人の句を雑に批評してるように見えることをやめてほしいということですよね。

私もまだ初めて1年半くらいで、全然わからないことばっかりですけど、添削するときは、自分がどういう風に読ませてもらったか
を記載してるし、季語やわからない言葉はきちんと調べてました。
だって、初心者の自分が俳句作るとき、こういう情景伝えたいって思うから、いろんな言葉調べるし、いろんな季語も調べるので、初心者の人たちはみんなそれをやっていると思うから。
調べた上で私の読む力が無いことによって、句意を捉えきれなかったら、コメントしませんでした。
初心者は初心者なりの行動をとるってこういうことだと思います。

ここから下は悠さんのコメント欄汚すことになりますが、すみませんでした。

自分が言葉知らないだけの癖に、「いつも句が難しい」とか「この言葉の意味がわからない」というだけのコメント残したり。
勝手なイメージで決して良い側面ではない作者の人格をコメントに残したり。
これって添削なの?マジで何したいかわからない。嫌いとか嫌なら単純にコメントしてこないでほしい。単純に不愉快。他人の人格否定してる暇があったら、マジで勉強しろ。そういう人が粘着して、ここが荒れてるってなぜわからないのかわからない。

悠さんに初心者の私の句に、雑なコメントもらったことないです。
わからないことについては、沈黙してくれています。
私は、「個人的に」悠が可哀想だと思っている立場です。

大体いい大人が集まってんだから、ジャイアン理論を振りまくようなサイトになんでなってんだよ。
って思ってますw

点数: 2

添削のお礼として、幸福来々さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

秋遍路行けども行けども地獄花の批評

回答者 サザン

腐ったみかんは早めに処分した方が良い。
季重なりがどうか?どうでも良いが、秋遍路が季語になる。彼岸花の別名、地獄花をぶつけているので、これまで良い行いをして来なかったのだろう。死期を迎えるにあたり、欲が出ている。
中八は、意見が別れる。行けども行けども、韻を踏んだ面白みがあるが、行けど行けどもで避けられる。
結局、投句して何を期待しているのかが不明。

点数: 4

添削のお礼として、サザンさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋遍路行けども行けども地獄花」の批評

回答者 いなだはまち

俳句には、人間性が現れ、それは隠そうとしても隠せない。
なるほどザワールド!
なるほどザワールド!

俳句のキャリア(何度も四季の移り変わりを経験)があれば、テクニックとしてそれなりの句が詠めるようになるだろうと推察するし、それは句力として認めざるを得ないと考える。
それ自体もスポーツ選手でいう所の実績としての数字同様、称賛されて然るべきものと考える。
俺はこんだけ選を受けたぜ!を自慢するのも、まあ言論の自由の範囲か。

キャリアの浅い小生には、悔しいかな太刀打ちできないものが立ちはだかっていると考える。それは認め、謙虚に句力向上をめざす。

しかし、過去の栄光を振りかざし、今の流れを見誤る輩、俗に暴走老人などと揶揄される者が跋扈している。張本勲然り。

貴殿の考え方は、句力のない者は物を言うなかれ!と受け止める。
句力のない者はないなりに、感じたことを伝え、それに対する指導を仰ぎたいと考えている。
それは、いけないことなのだろうか?

果たして、貴殿がどれ程の添削指導(他の人がなるほど!、いいね!)をされて来られたのか、振り返ってみて頂きたい。

貴殿が、本サイトにいることが、他の方々にとってだれだけ役立っているかを考えるべきと考える。

断っておくが、私が添削めいたことをすることは、皆様が迷惑しているというご意見は、真摯に受け止めているつもりである。

答えは、添削指導でお示し頂きたい。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋遍路行けども行けども地獄花」の批評

回答者 いなだはまち

小生は、貴殿に対しコメントをする立場にはあらず。
とのご指摘と受け止めた。

綸言汗の如しは言い過ぎだが(笑)、
コメントは、残念ながら消せない。
コメントをするとしたら、どんなことを述べるべきであったかをご教授の程。

私の立場に立った内容で願いたい。
添削同様、相手の立場に立つことが基本だろう。
また、「お前は黙れ!」のような不毛な返答は不要である。
周知されるので、情報公開上の倫理に則った表現でお願いしたい。
では。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋遍路行けども行けども地獄花」の批評

回答者 いなだはまち

悠さま
不毛なやり取りと心得た。
貴殿のご主張も了解した。

運営から、一度消された身であることを真摯に受け止め、上級者らしい添削指導に注力されることを祈るばかりである。

また、批評は直接本人宛が望ましいかろう。過去の書き込み内容も含め、貴殿が◯◯◯さまその他知りうる方々より、人として優れていると感じたことは、ただの一度も無かったことは伝えておく。

添削にはあたらぬが、ご容赦のほど。
どうかご自愛くだされ。
草々

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

書きかけの手紙の重石冬林檎

作者名 たけたけ 回答数 : 3

投稿日時:

稗刈りて干し島の数キセルの火

作者名 いなだはまち 回答数 : 3

投稿日時:

明易し汽笛の響きここらまで

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋遍路行けども行けども地獄花』 作者: 一本勝負の悠
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ