俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

もうひかぬ紅きルージュや更衣

作者 みそまめ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ルージュをひくという表現は 適当でしょうか?
よろしくお願いいたします。

最新の添削

「もうひかぬ紅きルージュや更衣」の批評

回答者 水玉麒麟

「紅き」を敢えて入れることで、数ある口紅や洋服の中で、若すぎるモノと感じました。私は紅い着物に悩まされてるので…。
「母の背に」の添削、たもとほるという言葉を教えていただきありがとうございます。はいかいと言う音は意地悪く聞こえるのですが、たもとほるは優しく聞こえますね。

点数: 2

添削のお礼として、水玉麒麟さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「もうひかぬ紅きルージュや更衣」の批評

回答者 かこ

ルージュをひくという表現は適当だと思います。
衣替えをしながらドレスはもう着る機会がないとおもっているということでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「もうひかぬ紅きルージュや更衣」の批評

回答者 04422

こんばんは!
恐縮です。素直にお言葉いただきます。
紅をひくって歌の文句もありますし、白粉を塗るとも言いますし、当地では引くというよりは口紅をぬるがふつう使われる言葉です。
もうひかぬの心情が今一分かりません。どこか失恋した御句かと思いました…。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「もうひかぬ紅きルージュや更衣」の批評

回答者 幸福来々

コメント失礼します!

中島みゆきさんの『ルージュ』という曲を思い出しました。
女性の色香の象徴である紅いルージュをもうひかないという言い切りに感慨を感じます。
素敵な句だと思います。

点数: 1

添削のお礼として、幸福来々さんの俳句の感想を書いてください >>

「もうひかぬ紅きルージュや更衣」の批評

回答者 鳥越暁

よい句ですね。
みぞまめさんの句は優しくて、どこか切ないところが魅力です。
細かく拝読すると、ルージュは大概は紅色でしょうから「紅き」としなくてもとか、「紅を引く」で口紅を塗ることなので「ルージュ」は被るなとかありますが。そういう細かいところはこの句の場合は超えている表現だと思います。
原句のままが一番ですね。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夜遊びの眠気も失せる夏の朝

作者名 和光 回答数 : 2

投稿日時:

吟行の黒部の空や秋うらら

作者名 かぬまっこ 回答数 : 4

投稿日時:

サルビアがイタいイタいと哭くんだよ

作者名 めい 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『もうひかぬ紅きルージュや更衣』 作者: みそまめ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ