俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

玉葱の雄を間引きて炒め物

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

千日草です。いつもお世話になります。
玉葱の雄の間引きをしました。雄玉葱は芯があって硬いのです。もったいない精神です。

最新の添削

「玉葱の雄を間引きて炒め物」の批評

回答者 耳目

こんばんは、耳目です。

間引き菜が季語なので、かなりグレーゾーンです。
また、「~して~する」は原因と結果。俳句ではあまり好まれません。
時間軸も長いので、一瞬の景を切り取れるようにされたら良いかと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、耳目さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「玉葱の雄を間引きて炒め物」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは。
いいですねー!間引いてる手、炒める手、召し上がる表情が伝わりました。

拙句「ねころべば・・・」へのコメントありがとうございます。
景が伝わったようで嬉しく思います。ですが、「早苗蜻蛉」は早苗と蜻蛉に分けずに一つの季語(夏)ですよ。季重なりのご指摘を解消しておきますね。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「玉葱の雄を間引きて炒め物」の批評

回答者 水玉麒麟

間引いて大きく育てるのねと思いきや、間引いた方の句でした。畑の畝からフライパンに飛ぶなんて、やられましたぁ。

「目で測る」の添削ありがとうございます。灼けるの使い方、溢れ水の捉えれ方、ひらがなの使い方、切れを入れ強調の仕方、沢山教えていただき嬉しいです。

点数: 1

添削のお礼として、水玉麒麟さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寒釣や岸に小魚群れゐたり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

土庄の鐘の響くや桜鯛

作者名 だるま 回答数 : 0

投稿日時:

鶯のアピール響く蒼天よ

作者名 登盛満 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『玉葱の雄を間引きて炒め物』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ