俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

静寂の夜へとけゆく手花火の灯

作者 幸福来々  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

気に入ってるやつです。
一人で線香花火やるとこうなるよっていう。

最新の添削

「静寂の夜へとけゆく手花火の灯」の批評

回答者 ささゆみ

幸福来来さん、初めまして。
ささゆみともうします。
御句の情景はよくわかります。
花火が消える瞬間は、傍らに着火の為の蝋燭を灯していたとしても、なんだか心細い感覚になりますよね。
添削ではありませんが、私であれば、
手花火の終わりて我も夜に溶け
 いかがでしょうか?
ウーン、ありきたりかなぁ?

点数: 1

添削のお礼として、ささゆみさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「静寂の夜へとけゆく手花火の灯」の批評

回答者 まちる

てるてる坊主へのコメントありがとうございます。てるてる坊主の生贄説は一般的かと思ってまして
「梅雨」「首吊り」「贄」「笑顔」で伝わるものと思いましたが私が大きくズレているようで勉強になりました。

手花火の句は消える所なんですね
ではそのまま
「闇に消る」
とか
大袈裟な表現をするなら
「夜に沈む」
なんて表現はどうでしょうか。
ご参考になれば

点数: 2

添削のお礼として、まちるさんの俳句の感想を書いてください >>

「静寂の夜へとけゆく手花火の灯」の批評

回答者 いなだはまち

ワカシ君一年生です。
お世話様です。

気に入っておられる句を添削するのは気が引けますが、いきます!
「夜」は、「よる」「よ」と読ませ方が選べるので便利ですが、ここは「よる」かと
思います。そうすると、下五は字余りになります。効果があれば問題ないのですが、
「灯」は花火のことですので不要です。
◆静寂の夜へとけゆく手花火よ
軽い詠嘆くらいで十分かと。
ただ、「とけゆく」の映像化に工夫の余地がありそうです。
例えば、「よ」と読ませれば、残り6音で景色はいくらでも変えられますので。
もっと気に入った句にしましょう。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「静寂の夜へとけゆく手花火の灯」の批評

回答者 04422

幸福来々様初めまして。千日草と申します。
クールビズの句に添削指導ありがとうございました。
手花火下六が重たく感じます。
◆静寂の夜へとけていく手花火か又は手花火よ。個人的には前の方が好きですが。
どうでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「静寂の夜へとけゆく手花火の灯」の批評

回答者 鳥越暁

はじめまして。おはようございます。
「とけゆく」を思い切ってオノマトペで表現しても面白いかもしれませんね。
◆静寂の夜へちろちろと手花火の
とかどうでしょう。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「静寂の夜へとけゆく手花火の灯」の批評

回答者 鳥越暁

はじめまして。おはようございます。
「とけゆく」を思い切ってオノマトペで表現しても面白いかもしれませんね。
◆静寂の夜へちろちろと手花火の
とかどうでしょう。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「静寂の夜へとけゆく手花火の灯」の批評

回答者 まちる

「手花火や静寂の闇へとけゆかん」

「静寂の夜」とすると説明ぽく見えてしまって、「静寂」を省略しても成り立ちそうですが「静寂へとける」の表現がかっこいいので残したく、より映像に近い「静寂の闇」に置き換えてみました。
また皆さんの言う通り「灯」は省略したくなり、それならば手花火やと切った方がしっくりきそうかなと思えました。
「とけゆかん」は日本語として正しいか不明ですが「とけていく」くらいの意味で終わらせたくなっちゃいました。
あとは完全な私の好みでは
「手花火や静寂の闇へ染み行かん」
と溶けるより染みるを選びたくなります。

点数: 1

添削のお礼として、まちるさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

うりずんや首里城跡に一礼す

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 6

投稿日時:

穴窯の煙は白く山眠る

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

饒舌な夫の沈黙たまご酒

作者名 竜子 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『静寂の夜へとけゆく手花火の灯』 作者: 幸福来々
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ