俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

葉桜や雨を散らし眼鏡へ咲く

作者 まちる  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

散文ぽくなっているのか、五六六のリズムが教訓みたいに聞こえてしまうか、、、
どうしたら良くなるか

表現したい事は
【状況】
弱い雨又は雨上がり明るい屋外で、葉桜からの雨雫が眼鏡に弾けて視界が遮らえる
【心情】
1周まわって頑張らなきゃと思える気持ち

最新の添削

「葉桜や雨を散らし眼鏡へ咲く」の批評

回答者 04422

まちる様こんばんは!千日草です。コメント読むとやはりあれもこれもを十七音に収めようと無理して句意が曖昧で分かりづらいです。
◆葉桜の雨粒眼鏡を濡らしけり
意に沿わないかもしれませんがバッサリと🙇🙇

点数: 3

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「葉桜や雨を散らし眼鏡へ咲く」の批評

回答者 耳目

こんばんは、耳目です。
こちらのお句ですが、「眼鏡に咲く」は工夫した箇所とは思うのですが、少しやりすぎかな・・と
説明にある「眼鏡に弾け」くらいで充分と思いました。

雨粒は眼鏡にはじけ花は葉に

素直に考えたらこんな感じでしょうか?
ご参考になれば幸いです。

点数: 3

添削のお礼として、耳目さんの俳句の感想を書いてください >>

「葉桜や雨を散らし眼鏡へ咲く」の批評

回答者 鳥越暁

揚句の感想
春の終わりの雨ですね。葉桜としているところに夏への季節の移ろいが感じられました。眼鏡へ咲く は残り花びらがぴとっとくっついちゃったんですね!?
それを見る寄り目になった姿を想像して笑っちゃいました。
句意を読み取れていますでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

濡れそぼつ石に亀ゐる春の暮

作者名 ケント 回答数 : 7

投稿日時:

冬晴や寄進の樽の真新し

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

弥生にて辻馬車乗るは幼稚園児

作者名 04422 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『葉桜や雨を散らし眼鏡へ咲く』 作者: まちる
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ