俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

しんしんと大根の滲みる夜更けかな

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様、こんばんわ。いつも御世話様です。

句会に出した時に頂いた意見をもとに推敲した句です。ですが大根が煮物なのか漬物なのかハッキリしないところが難点です。

皆様の御意見や添削案をお待ちしております。

最新の添削

「しんしんと大根の滲みる夜更けかな」の批評

回答者 素一

腹井壮様こんばんは!いつも的確な添削指導ありがとうございます。
何時読んでも良い句ですね。何となく温かみが伝わって来ます。
なかなか破調句詠む事が出来ません。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「しんしんと大根の滲みる夜更けかな」の批評

回答者 和光

腹井荘さん。おはようございます。和光です🌅いつもコメントありがとうございます🍀句ですが[しんしんと]と[夜更け]の状況だと情景的には[に]が適当だと思いました。[しんしんと大根に滲みる夜更けかな]
滲み込ませて食べる大根での色々な思いが出汁ですね☆

点数: 2

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

「しんしんと大根の滲みる夜更けかな」の批評

回答者 ハオニー

答えは自分で書いているのです
「煮物なのか漬物なのかはっきりしない」と

映像やら心理やらが見えていて解釈の広い句、私は肯定する方の人なのですが、明確にする意識があるようですので

腹井様の実力なら、「煮」「漬」の字を入れるくらい造作もないはずです

しんしんと煮大根滲みてゆく夜更け
しんしんと大根の漬かる夜更けかな

皆様の読み手としての力を試しているのではないか?
と疑ったあたり、私もだいぶ深読みするようになったなと実感しました
少なくとも、この句が中八だと思っているならば勉強不足だなとは言えますね

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「しんしんと大根の滲みる夜更けかな」の批評

回答者 世良日守

腹井壮様
世良です😊いつもお世話になっております😆
野焼の句にコメントありがとうございました!
句意を汲んで頂きおそれいります😆
掲句...これは...ズバリ、おでんですねー😋

嗚呼...おでん食べたくなりました🤤

点数: 1

添削のお礼として、世良日守さんの俳句の感想を書いてください >>

「しんしんと大根の滲みる夜更けかな」の批評

回答者 北あかり

腹井壮さん
こんばんは、北あかりです。
「滲みる」とあるので、煮物を想像します。
漬物だと「漬かる」という言い方を私はしてしまいます。
「大根滲みる」ではなく、「大根の滲みる」とされたこと、「の」の効果を一生懸命考えたのですが、私の知識不足では分かりませんでした。

点数: 1

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

「しんしんと大根の滲みる夜更けかな」の批評

回答者 塩豆

どうもです!
漬物なのか煮物なのかがわからないという点に関しては皆様と同じ意見です。私は多分漬物かと思ったのですがはっきりさせることができるならした方がいいのかなと、やはり思います。

オノマトペの「しんしん」が非常に魅力的に感じました。渋くてかっこいい一句と思います。

点数: 1

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

「しんしんと大根の滲みる夜更けかな」の批評

回答者 かぬまっこ

ハオニー様のコメントは勉強になります。
所で、以前、腹胃壮様に教えていただきました。「きごさい歳時記」の第10回恋の俳句大賞に入選しました。

🔷君待ちて港の如し月の舟   鹿沼 湖

趙 栄順 選

腹胃壮様とは同じ関東地区なのでいつかお会いすることもあるのではないかと思っています🎵(*^^*)🎶

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「しんしんと大根の滲みる夜更けかな」の批評

回答者 みそまめ

腹井壮様 いつもありがとうございます🎵添削いただいた句は、私の詠みたかった句そのものです😄最近、いや最初から俳句というものが、よく分っていないのですが、色々な俳句に出会うたびにますます分からなくなっています😂客観写生なのか、大胆な発想の転換なのか、心情を込めるのか、特に俳句ポストの大胆不敵とも思える発想の句に出会うと自分の俳句に対するイメージが、がらがらと崩れ落ちてしまいます。😅どうかお助けください😂

点数: 1

添削のお礼として、みそまめさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

葉桜や母の背中と子守唄

作者名 ワイス 回答数 : 2

投稿日時:

梨や喰う二十世紀を振り返る

作者名 ささゆみ 回答数 : 5

投稿日時:

羨まし赤いトマトの張りと艶

作者名 青山五郎 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『しんしんと大根の滲みる夜更けかな』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ