俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

道化師の素顔のどやか汽車の窓

作者 たけたけ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語「のどやか(長閑の子季語)」 

ホスピタルクラウンさんに何度かお会いしたことがあって、控え室でお化粧を落とした後も変わらず優しく、映画の「パッチアダムス」そのものでした。
今度、北海道へ行くとおっしゃっていたので汽車で旅する様子を想像しました。

最新の添削

「道化師の素顔のどやか汽車の窓」の批評

回答者 かこ

道化というと哀しみとか孤独というイメージですが、のどやかを使われたのが新鮮でした。映画のラストの様な素敵な句だと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「道化師の素顔のどやか汽車の窓」の批評

回答者 ハオニー

のどやかとは、竹内様らしい明るい句には最適の季語と言えるのではないでしょうか

こちらの句、作品としてきちんと成立するレベルです
道化師の素顔のどやか/汽車の窓
と読み、道化師がメイクを落としてのんびりと汽車に揺られる様子などが見えそうで、季語がとても活きる句になるのです
「のどやか」と「汽車」のミスマッチを疑う人もいるでしょうが、速度の対比という視点で納得できます
これが「新幹線」なら明らかに狙いすぎですし、「バス」だと路線バスか長距離バスかで雰囲気が変わってしまって上手くいきません

「のどやか」をそのまま残すとしたら、添削の必要はないと考えます
「のどけき」という検討が済んでいてこの句だとしたら、私はそれでいいと思います

私の大好きな余談ですが...
竹内様は、今のスタイル・作風を貫けば句会での評価は高くなる(既に高いようですが)でしょう
素直で納得のいく季語の選択が出来ていますから、句会で人気のある、「いい感じで口説い句」を正攻法で破ってください
これからもしっかりと季語を理解していけば、季語の選択肢が増えます
これから、ますますお上手になっていくのでしょう

私のような「こう表現したら、読み手はこのような想像を抱くだろうから...」などと、読み手に合わせて調整するような作風は今の竹内様には危険です
私は句会で失敗続きだったので、微調整してうまい人にだけでも気に入られようとするノウハウを獲得できただけです
私みたいなのは句会に何人もいるタイプではありませんし、見切りをつけて来なくなるタイプです
でもそういう人間は、「いい感じに口説い句」よりも「その人らしい句」が好きです
賞などに応募するときのアドバイザーとしては役に立つでしょう

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「道化師の素顔のどやか汽車の窓」の批評

回答者 吉田一音

竹内様 おはようございます。いつもコメントいただきましてありがとうございます。吉田一音です。

揚句につき 面白いと思い 想像させて頂きました。 なお、「道化師の」と 上五で始まりますので まず映像から 道化師の顔が離れずに「のどか」が見難く思いました。

順を入れ替えて、
汽車の窓素顔のどやか 道化師の

如何でしょうか 一音

点数: 1

添削のお礼として、吉田一音さんの俳句の感想を書いてください >>

「道化師の素顔のどやか汽車の窓」の批評

回答者 腹井壮

竹内さん、おはようございます。いつもコメントありがとうございます。

この句には物語性があって想像が広がる良い句だと思います。

道化師ののどけき素顔汽車の窓

道化師の素顔のどけき車窓かな

語順を変更してリズム感を調えました。参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

工房の窓を響かせしずり雪

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

鳥ノ巣はカラ廃校の屋根

作者名 熊本太郎 回答数 : 1

投稿日時:

秋の宵ニュースにならぬコロナ風邪

作者名 めでかや 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『道化師の素顔のどやか汽車の窓』 作者: たけたけ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ