俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

あの坂下れば冬の大三角

作者 西山ゆり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

破調です。
いつもバイト終わりに坂を下ると綺麗な冬の大三角が見えるのでそれを詠みました。
この「下れば」のばは、下るときはいつも、という意味です。冬の大三角のダイナミックさが伝わればいいのですが。
添削よろしくお願いします。

最新の添削

「あの坂下れば冬の大三角」の批評

回答者 ハオニー

はじめましてハオニーです
起伏の多いところにお住まいなのですね
そして、星座が見えるのは羨ましいです

「下れば」という表現に「いつも」とご説明ありましたが、私の考察では「いつも」かなと俳句だけ見たときはそう思っていました
解釈が複数考えられます

条件「坂を下るときはいつも」 
条件「坂を下るとたまに」
仮定「もし坂を下ったとしたら」

解釈はいくつかありますが、その3つを考えたときにきっと「いつも」なのだろうと想像してもらえる可能性は高いはずです
安心していいと思います

破調の是非なのですが、私は少し「?」となりました
字余りでも自分のやりたいことをやりたいと思うような人からすると、「無理に17音に収めなくても...」と感じるものです

全部合わせて17音にするより、字余りを受け入れて

あの坂を下れば冬の大三角

とした方が、「冬の大三角」の字余りの印象が強く残ります
それが存在感に繋がります

しかし破調にこだわるのであれば、五七五の型をある程度守れる「句またがり」の方が、内容に合っていると思います

「あの」坂という表現は素敵なのですが、坂の方ではなく冬の大三角の方を描写すると、どのような迫力なのか伝えられます

坂下れば冬の大三角しづか
坂下れば冬の大三角吼える

余談ですが、上五字余りよりも下五字余りの方が余韻が強いようです
だから字余りは上五で、とよく言われるのです

私の添削は添削ではなく、違う可能性を見せているに過ぎませんので、「これは私のやり方じゃない」と思うかもしれません
探り探りやっていますので...

点数: 3

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「あの坂下れば冬の大三角」の批評

回答者 北あかり

西山ゆりさん
はじめまして、北あかりです。
私は俳句をはじめたばかりの素人ですので
添削ではなく、感想としてお聞きいただけますと
幸いです。
掲句を拝読し、唐突にオリオン座が現れた印象を持ちました。オリオン座が見えた時の背景などより具体的な描写があるとより良いのかなと思いました。きっと「冬の大三角」は素敵な季語ですね。でも八音も使ってしまうので、素敵な分、コストも高くついてしまいますね笑。
「オリオン」や「オリオン座」でも同じ意味合いの季語になりますので、置き換えてみました。
帰路の坂パッと現るオリオン座
イメージが変わってしまってましたら申し訳ありません。
よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

「あの坂下れば冬の大三角」の批評

回答者 いなだはまち

おはようございます。添削、コメントいただき有難うございます。
誠にお恥ずかしい句を再生頂き恐縮です。
破調なのか自由律なのか、私の句力ではどうコメントしたらいいのか悩みます。(笑)
「あの坂」が分かりづらいかと思います。
◆冬星座ひとつ覚える風呂帰り
駄句ですが、ハオニー様よりお誉め頂いた
ものです。自分なりには対比が上手くいっていると思っています。
冷たさと火照りとの対比、上と下との対比ですね。ひとつ覚えるで、子どもの作者と親?兄?を連想してもらえると思います。
私の数少ない成功例ですが。(笑)

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「あの坂下れば冬の大三角」の批評

回答者 世良日守

こんにちは😃世良日守と申します😊よろしくお願い致します!
掲句、良いですね!【ば】の使い方は郷愁の思いも伝わる感じも良いかと思いました。その上で下五字余りでもリズムが整う気がします😊
◯あの坂を降れば冬の大三角

点数: 1

添削のお礼として、世良日守さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

墓地の草妻に供へる梨三つ

作者名 日野寅馬 回答数 : 2

投稿日時:

口髭にくさじらみ着け事終る

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 0

投稿日時:

白を着たゴスペル隊や初夏の風

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『あの坂下れば冬の大三角』 作者: 西山ゆり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ