俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

道端の水路すいすい田水張る

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

少なくなりましたが近くに水田があります。農道の脇の側溝の流れる音が心地よいです。

最新の添削

「道端の水路すいすい田水張る」の批評

回答者 シゲ

梅雨曇コメントありがとうございます。最後までコップ酒が呑めればそれはそれで最高の人生だと思います。また、ご指導よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、シゲさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「道端の水路すいすい田水張る」の批評

回答者 堀籠美雪

句の評価:
★★★★★

こま爺様
御句、景が浮かびます。何だか落ち着きます。涼しげですね。蛍でも飛んでいればなおの事ですかね、蛍が好きなので、変な想像してごめんなさい💦それから日傘の添削ありがとうございます。何で風に飛ぶにしたのか?読み返して思いました。まさにパロディーですね💦おしゃれな句にしようとしましたが💦これからも、ご指導どうぞ宜しくお願い致します。

点数: 2

添削のお礼として、堀籠美雪さんの俳句の感想を書いてください >>

「道端の水路すいすい田水張る」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

こま爺様、こんばんは。
お世話になります。

「田水張る」の季語は、やはり、上五、中七の措辞とだぶると思います。
別な点景が、必要かと…

「道端の水路すいすい雨蛙」

とか…
(山本山…かな…?)

宜しくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「道端の水路すいすい田水張る」の批評

回答者 山口雀昭

句の評価:
★★★★★

こま爺様、そうですね漢字づくめの固い一句になっています。5・7・5に何もかも入れようとするからですね?反省( *´艸`)
添削句いただきます。

御句、水路すいすい田水張るは水路にはすいすいと水が流れるのは当たり前ではないでしょうか。水路流れて田水張る 添削ではありません。

宜しくお願い致します。

点数: 2

添削のお礼として、山口雀昭さんの俳句の感想を書いてください >>

「道端の水路すいすい田水張る」の批評

回答者 シゲ

句の評価:
★★★★★

氷菓コメントありがとうございます。たしかに食べた気持ちを詠んだほうが自然ですね。
ありがとうございます。
また勉強になりました。

点数: 1

添削のお礼として、シゲさんの俳句の感想を書いてください >>

「道端の水路すいすい田水張る」の批評

回答者 シゲ

句の評価:
★★★★★

雨蛙コメントありがとうございます。気が付きませんでした。
うながす、たしかにそうでした。
うーん、まだまだです。
ありがとうございます。またお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、シゲさんの俳句の感想を書いてください >>

「道端の水路すいすい田水張る」の批評

回答者 博充

句の評価:
★★★★★

こま爺様
博充です。
蚯蚓の句へのコメントありがとうございます。
自分の思いではいけないのですね。
ご指導ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、博充さんの俳句の感想を書いてください >>

「道端の水路すいすい田水張る」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

こま爺様、梅雨の雷の句のコメントありがとうございます。
提案句とても勉強になります。

御句は今にも水音が聞こえてきそうな句ですね。

点数: 1

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

「道端の水路すいすい田水張る」の批評

回答者 シゲ

句の評価:
★★★★★

梅雨コメントありがとうございます。いつも勉強させてもらってます。また教えて下さい。
お願いします。

点数: 1

添削のお礼として、シゲさんの俳句の感想を書いてください >>

「道端の水路すいすい田水張る」の批評

回答者 山口雀昭

句の評価:
★★★★★

こま爺様、御句に感想ありがとうございました。

少しでも農業を経験したものであれば、太陽のありがたさを少しならずもっていると思います。私も経験があり夕日を浴びている水張田んぼが明日を力尽けを頂いたか分かりません。

この句は昨日の県の俳句会で好評をいただいた句です。

また添削いただいた句も「描写」的と私は思いますがいかがでしょうか。

私の考えを少々述べさせていただきました。

よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、山口雀昭さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

地下の駅踏み出す一歩秋日傘

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

冬の朝牡丹に染まる君の頬

作者名 金平糖 回答数 : 0

投稿日時:

行く人の知るも知らぬも浮かぶ月

作者名 なおじい 回答数 : 35

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『道端の水路すいすい田水張る』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ