俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

泉から裸体の女性顔を出す

作者 堀籠美雪  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昔見た海外の大人の絵本の中に、あまり綺麗?とは言えない枯葉で濁った泉?から顔から肩先まで出ている不思議な少女?(女性)のものを見たことがあります。その絵本は、どの国の他にどんなものが出ていたのか?は忘れてしまったけれど、印象に残っているので、俳句にしてみました。『泉から女性顔を出す森の中』とも、考えました。表現が難しく悩みます、ともすると、句意(説明のコメント)がないと殺人事件とも取れる様な句になってしまったかな、とも思っております。

最新の添削

「泉から裸体の女性顔を出す」の批評

回答者 負乗

美雪さん、こんばんは😐
お世話になります。

想像句、"神話句"? としては良いのですが、やはり、他の方の指摘のように、「女性」は、ないでしょう…(笑) と、思いました。現代語ですので、やはり現代のなにがしかの女性を、思い浮かべてしまいます。
「裸体」まで見せて、「顔を出す」は、おかしくないですか…(笑)
当然、ここは、"をんな" ですよね…

「泉より裸体の女出でしかな」

とか…
(適当です。すいません😢⤵️⤵️「 裸体」は、そのままに…)

また宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「泉から裸体の女性顔を出す」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

堀籠美雪様おはようございます。
季語に五七五でできてますね。
コメントの殺人事件には笑わせていただきました。
事件性を排除して、昔の絵本ということで過去形にしてみました。

泉よりをんなは顔を現せし

よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「泉から裸体の女性顔を出す」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

泉に映った空の反対の景色のことなんです。ちょっと想像しにくですかな。

御句、老いたるとはいえどきっとします。昔フランス映画で良くそんなシーンが。

失礼しました。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「泉から裸体の女性顔を出す」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃
御句ですが、
掲句は、「もの」があって、良いとおもいます。
→「裸体の女性」、「顔」。
あえて、ですが、
「から」よりも「より」が説明的ではないです。
「女性」とするより「女、をんな」の方が雰囲気がでます。
・泉より裸体のをんな顔出しぬ
宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「泉から裸体の女性顔を出す」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

堀籠美雪様 こんにちは
お世話になります。
拙句の雨衣のコメントありがとうございます。
雨衣は合羽のことで雨が降っていること意味を込めました。
泉に雨粒が水輪になっているです。
でも堀籠美雪様の読みも素敵です。ありがとうございます。
御句
童話の世界を思い浮かべました。
金の斧でしょうかね。
またよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

台風の行く手をなぞるスマホ画面

作者名 岸本義仁 回答数 : 2

投稿日時:

雀の子生き残る子は一握り

作者名 世良日守 回答数 : 1

投稿日時:

薄く薄く真綿を裂いて春の空

作者名 かこ 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『泉から裸体の女性顔を出す』 作者: 堀籠美雪
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ