俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

旅人にあらねど独り大夏野

作者 慈雨  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

旅人ではないけれど、広い夏野にポツンといると、一人で世界を旅しているような気持ちになる――というのを詠んでみました。

最新の添削

「旅人にあらねど独り大夏野」の批評

回答者 つちや郷里

慈雨さんこんにちは。
蜘蛛の巣の句へのコメントありがとうございます。
一物仕立ての詳しい説明勉強になりました。

御句
「旅人にあらねど独り」という措辞だけを見ると、なんだか寂しい感じもしますが、「大夏野」という季語によって爽やかな印象に変わりますね。
何かに思いを馳せているのか、それとも無垢な気持ちでその場に立っているのか、想像が膨らみます。

他の方のコメントにもありますが、「あらねど」に微量の説明感があるように感じたので、比喩にしてみます。
・『旅人のごとくに独り大夏野』

またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「旅人にあらねど独り大夏野」の批評

回答者 松健四歩

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
作者は「旅人にあらねど」と
旅人ではないと詠まれておりますが、広大な夏野に一人立ち
無限の世界に思いを馳せる姿は
もう立派な旅人ですね。
そう、「心の旅人」。
いい句だと思いました。

点数: 2

添削のお礼として、松健四歩さんの俳句の感想を書いてください >>

「旅人にあらねど独り大夏野」の批評

回答者 気まぐれ亭いるか

句の評価:
★★★★★

こんにちは

夏の雲句へのコメントありがとうございました
いつもはイマイチな句ばかり読んでますが今回は評判もよくありがたい限りです!
さて、御句拝読しました
本句、とても爽やかで「大夏野」と景が広くスケールのある句ですね
ただ個人的には「旅人にあらねど」に説明感を少し感じました
しかし、ここは詩の中心なので難しいところですね
 世を独り旅するごとし大夏野
よろしくお願いします

点数: 2

添削のお礼として、気まぐれ亭いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「旅人にあらねど独り大夏野」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

慈雨様 こんにちは
お世話になります。
夏野に立つと旅に出たいという気持ちはわかります。
願望を詠んでみました。
旅人になりたし独り大夏野
よろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「旅人にあらねど独り大夏野」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

慈雨様こんにちは。
佳い句ですねー!
雰囲気があります。
コメントされている通り詠まれていると思います。
ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「旅人にあらねど独り大夏野」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

慈雨様 こんにちは
お世話になります。
拙句のおとり鮎のコメントありがとうございます。
こま爺様の添削見事でした。
またよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「旅人にあらねど独り大夏野」の批評

回答者 博充

句の評価:
★★★★★

慈雨様
博充です。
夏の朝の句へのコメントありがとうございます。
慈雨様の半分しか読まずに詠み直してしまいました。
失礼しました。

点数: 1

添削のお礼として、博充さんの俳句の感想を書いてください >>

「旅人にあらねど独り大夏野」の批評

回答者 シゲ

句の評価:
★★★★★

慈雨様
お世話になります。
梅雨晴コメントありがとうございます。慈雨様に褒めて頂けるとは嬉しい限りです。また是非ご指導お願いします。

点数: 1

添削のお礼として、シゲさんの俳句の感想を書いてください >>

「旅人にあらねど独り大夏野」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

慈雨様こんにちは。
拙句『暑き日や』にコメント下さりありがとうございます。
ご評価いただき感謝しております。
ご提案のリフレインの件、佳いですねー。
『暑し』と『強し』効いていると思います。
大変参考になりました。
またよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「旅人にあらねど独り大夏野」の批評

回答者 堀籠美雪

句の評価:
★★★★★

慈雨様
お礼が遅れてごめんなさい🙇💦添削ありがとうございます、勉強になります。それから御句から思ったのですが、私は何も感じなかったのですが、孫が皆(娘家族と私で)で列をなして歩いていた時、孫はお父さんと、下の孫はお母さんと手を繋いで歩いていました。ところが孫は私の方へ振り返り、バービー(おばあちゃんの事を、皆バービーと呼ぶ😅)1人で可哀想、と私と手を繋ぎました。私は孤独とは思っていませんでしたが、前にも私が後ろから皆の写メを取っていたら(動画)またもや孫が私の方を振り返り、振り返り、心配そうな顔💦私は可愛いなあと、孫の事を思いましたが、もしかしたら、孫も『1人』と感じる瞬間があるのかなあ、と思いました。話が大きくずれてごめんなさい🙇💦でも人間は1人になるのも、勿論必要ですね、長々すみません。変な添削かな、ご容赦を、またどうぞ宜しくお願い致します🙇

点数: 1

添削のお礼として、堀籠美雪さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冴返るペセルポネーの出来心

作者名 大猫 回答数 : 3

投稿日時:

頸椎の凸凹なぞる冬の夕

作者名 ひぐらし 回答数 : 4

投稿日時:

蕎麦掻はふくふく妻の死ぬドラマ

作者名 げばげば 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『旅人にあらねど独り大夏野』 作者: 慈雨
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ