俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

行く春のため池水の匂ひけり

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

水のにおいがする。

最新の添削

「行く春のため池水の匂ひけり」の批評

回答者 こま爺

おはようございます。

中七から下五の繋ぎがいささか無造作ですね。水は要らないでしょう。
"溜め池の匂いほのかや春行けり

よろしく。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「行く春のため池水の匂ひけり」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

竜子様おはようございます。
今回はため池なんですね。
私も詠んでみました。

行く春や溜池の香のこよなくも

水と匂ひを省略いたしました。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「行く春のため池水の匂ひけり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

竜子さん、こんにちは。
御句拝読しました。

私は初読で、「行く春のため、池水の匂ひけり」と読んでしまいました。
そこで、「溜池」のほうがいいのではと思いましたが、ひらがなの「ため池」が標準のようですね。

それなら、私のような誤読を少なくするにはどうしたらいいかと考えました。

「行く春や」とか「行く春を」にすると少しはその懸念は減りますが、私は、ため池を先に出してしまおうかと思いました。

・ため池に行く春の風匂ひけり
・ため池に行く春の空映しをり

ああ、でも、これでは季語の「行く春」が生きていないですねー。風とか空は、後から入れたのですが、余分ですねー。

これは提案ではなく、私が間違えたことからの実験です。御句は上五で一拍入れており、句またがりではありませんし、過去の例句を見てみても、100のうち99が「行く春」を上五に置いています。

言いたいことだけ言わせていただき、長々と失礼しました!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

見舞ひたる九階の部屋避暑ごこち

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

爽籟や日々駆け抜ける森の道

作者名 友也 回答数 : 2

投稿日時:

過疎村の静かに浮かぶ赤き梅

作者名 黒徹 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『行く春のため池水の匂ひけり』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ