俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

空丸く雲近く行く夏野かな

作者 シゲ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夏野の句らしくないかもしれません。

最新の添削

「空丸く雲近く行く夏野かな」の批評

回答者 こま爺

こんにちは。

空と雲とかいうと類想になりがちですが、「丸く」、「近く行く」はオリジナリティーがありますね。季語の「夏野」と「雲近く」はちゃんと響いています。

今後ともよろしく。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「空丸く雲近く行く夏野かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

シゲさん、こんにちは。
御句拝読しました。爽やかな句ですね!

ご自身で、「夏野の句らしくないかもしれません」とおっしゃっていますが、全然そんなことないと思います。
むしろ、夏野の句過ぎるのではと思います。というのは、夏野というのは、青空がどこまでも広がって、爽やかな風が吹き、入道雲が迫るように沸き立っている、そんな光景をすでに含んだ季語だからです。
もう、夏野という季語だけで、丸い空も、近くを行く雲も雲も描かれていると思いますので、その舞台装置の中で、作者が何を見たか、または何をしたかを詠むといいのではと思いました。

例えば、即吟で恐縮ですが、

・寝転がるあへて大の字夏野かな
・木道のどこまで続く夏野かな

こんな感じかと思いました。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

平凡な暮らしに添ふるメロンかな

作者名 卓鐘 回答数 : 5

投稿日時:

カットサロン頭に手やる秋時雨

作者名 森本可南 回答数 : 3

投稿日時:

晩秋のアラビア人の夜逃げかな

作者名 腹井壮 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『空丸く雲近く行く夏野かな』 作者: シゲ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ