俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

最後だとわかっていたら春の果

作者 おかえさき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

明日が立夏だそうですね!
寂しい句をまたすみません🙇
まだまだ日にち薬は効いてきません、かえって色んな後悔が…
私は孝行娘の方だったとは思っています。
ただ、危篤と聞いて駆けつけた時、
コロナで傍へ行く事を禁じられました、後で考えたら私は1月にコロナに罹ったばかり…まだ免役が有るはずだから、無理を言って手を握らせて下さいと、どうして頼めなかったのかと今更思っています!
母も私に最後に言いたい事があったはず…
どんなに一生懸命やっても後悔するそうですが、まだまだ時間がかかりそうです😥
でも、いつまでもこんな気持ちでは
母が喜ぶはずではないですね~

最新の添削

「最後だとわかっていたら春の果」の批評

回答者 山口雀昭

おかえさき様

母の日に添削ありがとうございました。

皆さんにご指摘されているように、誤解を招く一句になってしまいました。

添削された通りです、ありがとうございました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、山口雀昭さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「最後だとわかっていたら春の果」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おかえさきさん、こんにちは。
御句拝読しました。切ないお気持ちが、伝わってきます。

私も母が危篤という報告を受けて姉たちと病院に集まった朝、少し落ち着いたので会社に行きました。
幸い、退社してまた病院に駆けつけるとまだ母は生きておりましたが、その晩に亡くなりました。

私は今でも、死にそうな母親を置いて行くほど大切な仕事がその日にあったのか?と自問自答します。

私の場合はコロナ前でしたが、おかえさんの場合はお気の毒でしたね。あの頃は、私の周りでもそういうお話を聞いたことがあります。

でも、不義理をして最期に立ち会えなかったのではないのですから、お気持ちはお母さまに伝わっていますよ!

・母の声降りそそぐ空春の果

お母さまのおっしゃりたかったことは、おかえさんの心に直接届いていると思います。今までも、これからも、何かあれば、優しくお伝えくださるはずですよ!

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「最後だとわかっていたら春の果」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
月並みですが、心中御察し致します。

私の場合、母が逝ったのは二十年も前のことですが、今になってありありと思い起こすのは母の孤独によりそえなかったことです。

ひと言優しい言葉をかけておけばよかった。「育ててくれてありがとう」と言えばよかった😖。

私からすればさきさんは数十倍もご立派です。ご母堂さんはきっと喜んでいらっしゃいますよ。

しかし、結局人生は誰もかれも最後は悲しいものでしょうね。あと何年生きれるか分かりませんが、それに備えようと思っています。

すみますん。私事になってしまいまいました。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「最後だとわかっていたら春の果」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

おかえさきさんこんにちは。
立夏の句へのコメントありがとうございました。

お母さまのご冥福をお祈りいたします。
実は私も2月に祖父を亡くしましたが、最期には立ち会えませんでした。
最期の言葉をかけてあげることはできませんでしたが、昨年の秋に米寿のお祝いをしたときに話せたのが救いです。

・『後悔を背負ひて春を見送れり』

またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「最後だとわかっていたら春の果」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

おかえさき様、こんばんは。
まっすぐの飾らない措辞、辛いお気持ちがすごく伝わってきます。

私の父も60代で逝きましたが、いろいろ思い出しました。

コロナ禍でのお別れは本当にやりきれないものがあったと思います。
たとえ手が握れなかったとしても、駆けつけてくれたことは伝わっていたんじゃないでしょうか。
想像することしかできませんが、最後におかえさんに会えて、安心できたんじゃないかと思います。

「最後に言いたい事」もあったかもしれませんが、それはきっと今までもこれからも、ずっと伝えてくれることなんだと思います。
なおじいさんのコメントと提案句に1票とさせてください。
あらためてお悔やみ申し上げます。

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

近寄りてそつと撫でるや竜の髭

作者名 かぬまっこ 回答数 : 2

投稿日時:

風薫る保育園出る散歩カー

作者名 ささゆみ 回答数 : 4

投稿日時:

蜂誘ふ白い道もつイヌフグリ

作者名 めい 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『最後だとわかっていたら春の果』 作者: おかえさき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ