俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ブランチのコーヒー二つ昭和の日

作者 山口雀昭  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昭和は遠くなりにけり。昭和の日は遅い朝食に老夫婦でコーヒーでも飲みますか。

最新の添削

「ブランチのコーヒー二つ昭和の日」の批評

回答者 げばげば

ありがとうございます!
俳句はじめて2年10か月、一度もめげなかったことだけがとりえです(^▽^)/
またいろいろ教えてくださいね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ブランチのコーヒー二つ昭和の日」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。当時はブランチなんて言葉なかったですもんね。逆に昭和の日が効いてきますね。永くいろいろあった昭和ですがよき時代だったなあと思うし。といっても半分もしらない若造ですが。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「ブランチのコーヒー二つ昭和の日」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

山口さんの俳句を拝見させていただき、ふと思いついことを書かせていただきます。
俳句は言葉の活花のようなものでしょうか。私は活花は見ることはしますが、自分で活けたことはありませんがなんとなくそう言いたくなりました。

俳句も活花も引き算の芸術、無駄をぎりぎりまで削ぎ後し構成要素が互いに干渉せずしかも響き会う。

目標とさせていただきたく、今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「ブランチのコーヒー二つ昭和の日」の批評

回答者 みつかづ

句の評価:
★★★★★

こんにちは。いつもお世話になっております。
貴句、拝読しました。

ほのぼのと昔の思い出話される穏やかな光景で、ステキですね。

『王様のブランチ』(1996年4月6日放送開始~現在)等のテレビ番組が流行ったのは平成に入ってからで、当時の日本には「ブランチ」という単語はまだありませんでしたよね(あったかもしれませんが、子供心に耳にした記憶がありません)

げばげばさんが「半分も知らない」とお書きですが、私なんて8年弱しか昭和を生きてませんよ(^_^;)

ステキな句をありがとうございます。

点数: 0

添削のお礼として、みつかづさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

四年後にプロになるんだ入学式

作者名 鳥田政宗 回答数 : 5

投稿日時:

Timing踊る園児の遠足よ

作者名 鬼胡桃 回答数 : 2

投稿日時:

エスカレーターの一歩目探す母よ秋

作者名 幸福来々 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ブランチのコーヒー二つ昭和の日』 作者: 山口雀昭
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ