俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春の土知らざる花や砂利の中

作者 笙染  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お世話様です。
雪消えの黒々とした花壇に知らない花が?・・いえ、砂利の中に見た事の無い
黄色の小さな花が一輪咲いていました。

最新の添削

「春の土知らざる花や砂利の中」の批評

回答者 竜子

笙染様 こんばんは
お世話になります。
御句
長い冬から春になり知らない新しい花が咲いていた。
提案させてください。
黄色さく知らぬ一輪雪間草
雪間草(春の季語)雪の下に萌えだした草花のこと
よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春の土知らざる花や砂利の中」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

笙染様。こんにちは。
御句拝読いたしました。
春の土知らざる花で、桜と誤読ことがあります。花ひとことで、桜の意味かあるからです、

▪僕いるよ黄色い花のちさき春

笙染様は、名前も知らない黄色い花の声に足を止められたのですね。作者の感性と優しさが伝わってくる佳句だと思います。
🙇

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「春の土知らざる花や砂利の中」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

笙染様こんにちは。
お返事ありがとうございました。
御句、コメントに黄色の小さな花とありましたので、それに沿って詠みました。

砂利の中ちさき黄色の花ひとつ

題材はすごく素敵だと思います。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

影止まり暮れゆく街の吹き流し

作者名 和光 回答数 : 1

投稿日時:

珈琲の中へ溶けこむ小春の陽

作者名 そうり 回答数 : 10

投稿日時:

患者の目見ず担当医春の昼

作者名 森本可南 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春の土知らざる花や砂利の中』 作者: 笙染
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ