俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雛の間の古き時計は半世紀

作者 山口雀昭  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雛飾りと古時計の歴史を刻んだ句を詠みました。

最新の添削

「雛の間の古き時計は半世紀」の批評

回答者 こま爺

こんにちは。

拙句へのコメントありがとうございます。確かにひらがなの「かくまう」が良いですね。

御句、古い時計に色々な懐かしい思いを託されたのですね。良いと思います。

ただ、中七を「は」で結ぶより「の」方が良いと思いまふ。時計と共に半世紀の間に色々なことがあったと回想の句として厚みが増すと思います。因みに「の」は単に時計の使用が半世紀だという意味にもとれてしまいます。

古いは情景を詠むのであれば「朽ちた」でしょうか。
”雛の間の朽ちた時計の半世紀

お役に立てれば幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雛の間の古き時計は半世紀」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
げばげばと申します。

御句。半世紀の歳月に引き込まれますね、さまざまな物語があったことでしょう。
〇〇は〇〇、叙述のかたちがベストか悩みます。いかがですか?

半世紀鳴れる時計やひひなの間
雛の間あゝ半世紀打つ時計

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「雛の間の古き時計は半世紀」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

山口さんこんばんは。
たんたんと「雛の間」「時計」
「半世紀」、の体言措辞を並べただけなのに味のある句だと思います。
唯一、「古き」に作者の主情が感じられます。
半世紀ですから、古いことは分かりますので、

雛の間の柱時計は半世紀

で如何がでしょうか?
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「雛の間の古き時計は半世紀」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

山口雀昭様 こんにちは
拙句の康成忌のコメントありがとうございます。
雪国と伊豆の踊りを使ってしまい安直でした。
ご提案勉強になります。
御句
ケント様の仰っておられるように古きと半世紀が重なりますね。
下手ですが、
雛の間や古き時計は時を告げ
取り合わせでどうでしょうか?
初心者なので大先輩にご指導いただければ嬉しいです。春嵐にもコメント入れさて頂きました。
ご指導のほどよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春晴れや流れ星みたいな飛行機雲

作者名 黒徹 回答数 : 0

投稿日時:

夏の夜や自分自身を愛したい

作者名 鳥田政宗 回答数 : 3

投稿日時:

秋麗を異国の如く八ヶ岳

作者名 負乗 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雛の間の古き時計は半世紀』 作者: 山口雀昭
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ