俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

AIはいさ気も知らず躑躅の香

作者 みつかづ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

句意:(技術が進歩したとはいえ)さあ、AI(人工知能)には人間の気持ちがどれ程まで理解できるのか私には分からないけど、(人間を含めて動物はこの遊歩道に咲いている)躑躅(つつじ)の香りに(何等かの気持ちを抱き)、私は春の深まりを感じている。

用いられている技法:
本歌取り(紀貫之作:人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける)
出典:小倉百人一首(35)

※ AIをばかにする気は、私には毛頭ございません。

最新の添削

「AIはいさ気も知らず躑躅の香」の批評

回答者 竜子

みつかづ様 おはようございます。
お世話になります。
拙句の返事のコメントありがとうございます。
詳しく文法解説ありがとうございます。勉強になりました。
さらにコメントについて褒めていただきありがとうございます。
御句
いさがわかりませんでしたが、皆様のコメントやみつかづ様のご丁寧なコメントで分かりました。山口様へのコメント興味深く読ませていただきました。
これからもよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「AIはいさ気も知らず躑躅の香」の批評

回答者 ぼしゅん

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
拙句に添削とご提案ありがとうございます。
みつかづさんは季重なりや本歌取りなどさまざまな技法にチャレンジなさっているんですね。
勉強させて頂きます。

点数: 1

添削のお礼として、ぼしゅんさんの俳句の感想を書いてください >>

「AIはいさ気も知らず躑躅の香」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

落花の句にコメントありがとうございます。身にあまる評価はいささか気恥ずかしい気もします。

落花にいったい何をあたらしく感ずるか。
いわゆる無常観が少しだけ分かる気がするということです。

私の朽ちて行くのと、花が散り朽ちて行くのと生物学的にいささかの違いもない。

実は次のような俳句にいたく心を惹かれている次第です。
”じゃんけんで負けて蛍に生れたの 池田純子

さて、みつかづさんの俳句への取り組み、すごく本気度を感じます。甘いも酸いも色々経験されたんでしようか、人間関係の有象無象より俳句の純粋さに心を傾けられるということでしょうか。

感情という厄介者からいかに身をかわすか、これも俳句作りの姿勢に無関係ではなさそうですね。

うまく表現できませんが、俳句と無常、その辺が一つのキーワードのような気がします。

御句ですが、上五中七はAIを皮肉った観念句のように感じます。観念は捨てて事実を淡々と詠むのも一つの方法かもしれません。それと、主役はあくまで躑躅というのを明確に、句意はAIでさえ強く感じる躑躅の香りであることよと、
”AIの詠う躑躅の香りかな

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「AIはいさ気も知らず躑躅の香」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

みつかづ様。コメントありがとうございます。
その、まさかです。
西鶴の女みな死ぬ
から、拝借しました。
全く、言葉が降りてこなくて、、、。
みなさん、そういうときは、どうされているのでしょうね。
みつかづ様は、どうされていますか?
🙇

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「AIはいさ気も知らず躑躅の香」の批評

回答者 山口雀昭

句の評価:
★★★★★

みつかずさま、お世話になっています。
御句は良くできていると思いますが、一つだけ教えて下さい?
「いさ記」の意味は何なのでしょうか?電子辞書を見ても分かりません。勉強足らずで恐縮です。
これからもお付き合いのほど。

点数: 1

添削のお礼として、山口雀昭さんの俳句の感想を書いてください >>

「AIはいさ気も知らず躑躅の香」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

みつかづ様。私は、浅学でいさ気も知らずが、わかりませんでした。
他の方へのコメントで、なんとなくですが、わかりました。
読み手もここで、つまづくのでは、ないでしょうか?
て、お前がゆうなと言われそうですが、😅

▪今はただ躑躅の香り楽しまむ
(何も考えないで)
🙇

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「AIはいさ気も知らず躑躅の香」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

今晩は、「白木蓮や」の拙句に本人よりも詳しく解説、また共感頂きありがとうございます🙇
みつかづさんは、和歌や短歌にお詳しいのですね!最初、いさ気?って…なんとなく理解しました。
先日、経済アナリストが日本の人口減少も悪くはない、これからは、
AIやロボットが発達するから(失業率が減る?)
でも淋しいですね~!嗅覚のあるロボットも出るかもしれませんが…
もうあったりして😵
感想だけですみません、
返信遅れてごめんなさい🙇術後の為全ての歩みが鈍いもので…😥
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「AIはいさ気も知らず躑躅の香」の批評

回答者 山口雀昭

句の評価:
★★★★★

みつかづ様、いつも御句を詠ませて頂いております。

「いさ記」の解説ご丁寧にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、山口雀昭さんの俳句の感想を書いてください >>

「AIはいさ気も知らず躑躅の香」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

みつかづ様。みな死ぬの句に、コメントありがとうございます。
なんか、言われるよねーと思いつつ、投稿いたしました。
それは、私の挑戦でも、ありました。試しでもありました。
スルーする人
丁寧に教えてくださる人
なんか、わからへんこと言う人
面白く、有り難く読ませていただきました。
これからも、どうか、よろしくお願いいたします。🙇

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

食べかけに世代を見せるサンマかな

作者名 ダック 回答数 : 2

投稿日時:

豊漁の秋刀魚祭りや三万尾

作者名 いなだはまち 回答数 : 0

投稿日時:

右窓に連なる冬田六号車

作者名 イサク 回答数 : 18

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『AIはいさ気も知らず躑躅の香』 作者: みつかづ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ