俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

人生を歩み落花やあたらしき

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

散って行く花を見て思うことは、年を経て変わりますね。

最新の添削

「人生を歩み落花やあたらしき」の批評

回答者 みつかづ

こんにちは。貴句、拝読しました。

味わい深い句ですよね。
病んでいる心身で私はこの先何句を詠めるのか分かりませんが、この様な句が詠める様になってから果てたいと思う次第です。

又、「サイトでも人には厳しく自分には優しく(笑い)でみなさんにご迷惑です」

迷惑だなんてご謙遜を。

こま爺さんが最初、私に厳しくなさったのは、「若い奴を育てたい」という優しさと、俳句への深い愛情がおあり故でありましょう。
今時は「波風立てなくないから」、「悪く思われたくないから」との理由で厳しい意見される方は特に職場では減っていますが、どうかこま爺さんは「愛あるこその厳しさ」をお持ちのままでいてくださればと、私は思います。

ステキな句を、ありがとうございます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、みつかづさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「人生を歩み落花やあたらしき」の批評

回答者 山口雀昭

句の評価:
★★★★★

こま爺様お世話になっております。
私も八十路の道を歩き始めました。定年退職してあっという間です。
定年後俳句を始めて20年になりますが、昨年芸術文化協会から俳句貢献として奨励賞を頂きました。夏井いつき先生からも365日俳句で特選も頂きました。
これからの余生を俳句で楽しく生きていきます。

御句の「人生を歩み落花やあたらしき」素晴らしい一句ですね。感激いたしました。

点数: 3

添削のお礼として、山口雀昭さんの俳句の感想を書いてください >>

「人生を歩み落花やあたらしき」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 こんにちは
お世話になります。
拙句の鬼の子のコメントありがとうございます。
走る鬼の子か鬼の子走るは悩みました。
切れを意識して俳句を詠んでいますので、鬼の子と名詞切れにしました。
走るで終止形できれるのですが、連体形も走るなので迷うところです。
ありがとうございます。
御句
長き人生を過ごしてこられた方の良い句と思いました。
ただ歩みは連用形ですからなにか用言を省略されたのでしょうか?
想像で「長きに」かな?
人生を歩み落花よ新しき
よの呼びかけではどうでしょうかね?
よろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「人生を歩み落花やあたらしき」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

こま爺さんこんにちは。
書店の桜句にコメントありがとうございました。
いつも好意的な感想ありがとうございます。
貴句、人間の真理をついていると思います。
散る花に抱く感慨は年経るごとに変わりますね。
それを前向きに「あたらしき」とされたところがいいと思いました。
またよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「人生を歩み落花やあたらしき」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

こまじいさま。こんなことを考える年齢になってしまいました。
こまじいさまの俳句は、明るくて見事です。

▪定命のあとは幾度の落花かな

🙇

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「人生を歩み落花やあたらしき」の批評

回答者 ききら

句の評価:
★★★★★

こま爺さま
拙句の添削ありがとうございました。
「鳥」と「さえずり」は重なること初めて知りました。全体を見て考えなくてはいけませんね。ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ききらさんの俳句の感想を書いてください >>

「人生を歩み落花やあたらしき」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 こんばんは
お世話になります。
拙句のホーンのコメントありがとうございます。
褒めて頂きありがとうございます。
これからもご指導よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「人生を歩み落花やあたらしき」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 こんにちは
お世話になります。
今日はお出ましになりませんね。
御句の
連用形が気になって
下手なり考えてみました。
年ひとつ重ねて落花あたらしき
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

水仙よ哀しき嘘を幾つ知る

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 4

投稿日時:

半蔵門線戌の日に詰め混む薄暑

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

ギフチョウの舞い迷いなしカタクリへ

作者名 土屋 羊子 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『人生を歩み落花やあたらしき』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ