俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花冷えや引越し部屋の鍵掛くる

作者 ケント  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

荷物を運び出した後のガランとした部屋。

最新の添削

「花冷えや引越し部屋の鍵掛くる」の批評

回答者 めい

ケント様。物語がありますね。
いろいろな想い出と共に部屋を去る
鍵をかける。
ハイ、カットー💮

▪花冷えや想い出の部屋の鍵掛くる
🙇

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「花冷えや引越し部屋の鍵掛くる」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

ケント様、こんばんは。
めっちゃたくさん投稿されていますね。すごい。
この句が目につきましたのでコメントさせてくださいー。

句材がいいですね。引っ越しのときのガランとした部屋、退去の瞬間、何とも言えない寂しさが湧いてくるのは共感できますし、そこにスポットを当てられているのが素敵だと思いました。

気になったのは「引越し部屋」っていう言い方をするかな?というのと、引越し先の部屋ともとれそう(下五まで読めばわかるのですが)なところでした。
もしかしたら説明的とか、季語が近いとかもあるのかもしれないですが。

添削ではないのですが、御句では「鍵をかけた瞬間」に焦点を当てられているので、私はコメントにある「荷物を運び出した後のガランとした部屋」で考えてみました。
・こんなにも広かった部屋花の冷
・花冷えや過ごした部屋の広きこと
毎回上手くないですが…練習ということで、大目に見てください(笑)。

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

「花冷えや引越し部屋の鍵掛くる」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

良いですね。まだ生活のぬくもりが残っている部屋を後にガチンと鍵を掛けたんですね。
句末連体中止はなになにのことよと、余韻を残しその心情をより一層強調する手法ですね。

ケントさんの感情や観念は字面に一言もないのにすごく伝わります。改めて良いですね。夏井投稿サイト、人以上かも。

今後ともよろしく。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「花冷えや引越し部屋の鍵掛くる」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

こんなのは如何でしょう?

 花冷えの部屋引き払ふ鍵掛くる

・下五に置いた「鍵掛くる」は、退去の最後の一瞬間を切り取る語として良いと思いました。
・他の方のコメントにもありますが、「引越し部屋」という言い方には引っかかりを覚えましたので、別の語に言い換え(動詞が多くなりましたが…)。

点数: 0

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

フラミンゴ一本脚や花すみれ

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

教会の十字眩しや春うらら

作者名 和光 回答数 : 4

投稿日時:

牛角のガムで痒みを取る寒夜

作者名 根津C太 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花冷えや引越し部屋の鍵掛くる』 作者: ケント
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ