俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鳥の見しけふは一輪花見かな

作者 ケント  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

桜の枝に止まった鳥の動きが
花の数を数えているように
見えました。

最新の添削

「鳥の見しけふは一輪花見かな」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。みなさんの意見に近いですね。
かな、につなげていくために、連体形にした上五がニュアンスとしてぷつりと切れた感じには受けます。

鳥止まる枝一輪の花見かな

あらちゃんさんの提案が好きです。

鳥が見る、花見、どちらにも見るがあるのですが、主体がかわりますか?または鳥が花見してる景でしょうか?

鳥追うて枝一輪の花見かな

主体を人間に揃えたわたしのも添えておきます。上五軽い切れがありますが、かな、にうまく響いていくでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鳥の見しけふは一輪花見かな」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

ケント様こんにちは。
風流な句ですね。素敵です。
少し変えてみました。

鳥止まる枝一輪の花見かな

よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「鳥の見しけふは一輪花見かな」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃お世話になります。
拙句「能面」へのコメント、提案句ありがとうございます。
さて、御句。
「かな」を使う時は、私は次の事をこころがけております。
「句中に、大きな切れを作らない」
御句ですが、
「鳥の見し」は、連体形ですが、「一輪」か「花見」か。
いずれにしろ、修飾する語句が離れ過ぎていて、
「鳥の見し」で、大きく切れている感覚をもってしまいます。
「かな」は、「句全体を包むような作用」があるからです。
思うところを述べさせていただきました。
提案句は、先の方の句に一票です。
また、宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「鳥の見しけふは一輪花見かな」の批評

回答者 まい

句の評価:
★★★★★

ケント様。いつもありがとうございます。
この句は、二物衝撃といって、季語と全くかけ離れた措辞をつかいます。
そのことにより、季語を響かせ、主役にしていく所謂取り合わせです。
ストレスと花菜風の取り合わせ
いかがでしょうか?

さて御句。拝読いたしました。
鳥が、花を数える、、私には、ない発想です、、新鮮です、花見と鳥。
少し季語が近いでしょうか、?
☆この坂を上ればきっと花盛り
ケントさんのご存知の坂道です。奥様もお喜びだと思います。
鳥さんがいなくなってしまって、ごめんなさい🙏多少のフィクションは、許されるみたいです。

点数: 1

添削のお礼として、まいさんの俳句の感想を書いてください >>

「鳥の見しけふは一輪花見かな」の批評

回答者 まい

句の評価:
★★★★★

ケント様。いつもありがとうございます。
この句は、二物衝撃といって、季語と全くかけ離れた措辞をつかいます。
そのことにより、季語を響かせ、主役にしていく所謂取り合わせです。
ストレスと花菜風の取り合わせ
いかがでしょうか?

さて御句。拝読いたしました。
鳥が、花を数える、、私には、ない発想です、、新鮮です、花見と鳥。
少し季語が近いでしょうか、?
☆この坂を上ればきっと花盛り
ケントさんのご存知の坂道です。奥様もお喜びだと思います。
鳥さんがいなくなってしまって、ごめんなさい🙏多少のフィクションは、許されるみたいです。

点数: 1

添削のお礼として、まいさんの俳句の感想を書いてください >>

「鳥の見しけふは一輪花見かな」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

ケント様。ありがとうございます。
切れ字をいれたほうがよかたったです。
まいが、めいだって、よくわかりましたね。 
嬉しかったです。
これからもよろしくお願いします😌🙇

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「鳥の見しけふは一輪花見かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。みなさんの意見に近いですね。
かな、につなげていくために、連体形にした上五がニュアンスとしてぷつりと切れた感じには受けます。

鳥止まる枝一輪の花見かな

あらちゃんさんの提案が好きです。

鳥が見る、花見、どちらにも見るがあるのですが、主体がかわりますか?または鳥が花見してる景でしょうか?

鳥追うて枝一輪の花見かな

主体を人間に揃えたわたしのも添えておきます。上五軽い切れがありますが、かな、にうまく響いていくでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「鳥の見しけふは一輪花見かな」の批評

回答者 みつかづ

句の評価:
★★★★★

御句、拝読しました。

情景がキレイですね。
ただ、「見し」、「花見」で「見」が2度出てきますので、読者によってはくどいと思われるかもしれません。
又、作者コメントに「今日」がありませんので、句から「けふ」を消しても問題は無いと思いました。
そこで提案です。

花の枝の鳥数えるか一個ずつ
(この句の場合、枝は「え」と読みます)

これで「桜の花を鳥は数えているのか」というケントさんの思いはそのままに、下五の「一個ずつ」で視点を季語へ戻す効果が生じる効果が生まれると思いますが、如何でしょうか?

新作、楽しみにしております。

点数: 0

添削のお礼として、みつかづさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春風に手際よく舞う段ボール

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

十六夜や風も乾きて人も去り

作者名 えびら屋 回答数 : 0

投稿日時:

夜行バスに揺るる麦茶眠り浅く

作者名 ぱいん 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鳥の見しけふは一輪花見かな』 作者: ケント
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ