俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

吠えられる過ぎゆく空とライオンに

作者 うううる  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

まだ、俳句の美しさを知ったばかりで無知なので、本当は詠んではいけない?かもしれないのですが、わかる人にしかわからない言葉を使ってしまっております。

この俳句について)
私は電車で学校に行く際、音楽を聴きながら外の景色を眺めています。聴いている曲はBLANKEY JET CITYというバンドの「ダンデライオン」。外の景色が過ぎて行く、そして曲の「過去は過ぎ去る」というような歌詞、2つを掛けて「過ぎゆく空」。この曲に胸を打たれているというような意味を込めて、「ライオンに吠えられる」という意味を込めました。

皆さんのような、誰にでもわかる、一人一人違う解釈の出来る素敵な俳句も素晴らしいと思いますが、今の時代だから詠める俳句という意味ではどうなのかなと思い、皆さんに様々なご意見頂きたく投稿しました!

このような、固有なものを詠みたい場合、皆様はどうされますかね?。
(自己満足だからいい!って極論なりそうですが、、、)
ルール(?)的にはこういうのも大丈夫なのですかね。

最新の添削

「吠えられる過ぎゆく空とライオンに」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

詠んではいけないというのはあまりないと思います。一般的に発信しないほうがいいこと(ヘイトとか中傷とか)は俳句でも言わないほうがいい、というのは当然として、

いちおう俳句という文芸なので
◆伝わらない、ということに意味があるか?
◆俳句の武器である「季語」「五七五」は使わなくていいか?
◆わざわざ俳句でなくても、短歌とか川柳とかでもいい可能性は?

という感じですね。
なお、わたしは「伝える努力をする」「受け取ることにも勉強が必要」という立場なので、そのようなコメントが多いはずです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「吠えられる過ぎゆく空とライオンに」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

うううるさん、こんにちは。
御句拝読しました。

思ったことを五七五で表すというのは素晴らしいことであり、俳句の原点のような気もします。

今の時代だから詠める俳句、固有のものを詠む俳句、どちらも画期的であると思います。

しかし、サッカーでは手を使ってはいけない、ラグビーでは前に投げてはいけないというように、物事にはルールというものがあり、それを守ってこその自由であると思います。

俳句では、私にとってのルールは、「読む人にわかってもらえること」。これが私の基本で、「何これ?さっぱりわからない!どういうこと?」なんていわれて、詳しく説明したあげく、「ふーん…で?」とか言われたら、私としては失敗です。
ただこれは人それぞれですので、あくまでも私の基準です。

私だけの基準ではない、全国共通のルールは、季語を入れることです。
御句には季語がないですね、俳句は季節感をとても大切にします。御句も、過ぎゆく空がどのような空であったか、それを入れるととても良くなると思います。
どうか、最低限のルールは考慮に入れて自由な発想を磨いてくださいますよう、よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「吠えられる過ぎゆく空とライオンに」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

うううる様 おはようございます。
初めましてよろしくお願いいたします。
私も初心者のひとりです。
この道場でいろいろ勉強させていただいております。
俳句は詠んではいけないことはないと思います。
これから俳句を続けられるなら藤田湘子の俳句入門20週などが良いと思います。
それとこの道場ではコメント入れてくれた方にコメントを返す機能があります。
お礼のコメントだけでも返すのは大事かなと思いますよ。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「吠えられる過ぎゆく空とライオンに」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

はじめまして。

まず、心のうちを俳句に託したいというお気持ちはとても大切です。それで目標の半分は達成です。後はスポーツにルールがあるように、俳句にもルールを守らなければという大事な問題があります。

同じような俳句が見っかったのでそれ沿って説明したいと思います。
「ライオンの咆吼遥か虫が涌く/野原薫」

ここで取り上げるルールは次の二点です。
季語が一つ
虫が秋の季語です。
2 主役または脇役を明確する。主役はライをンですね。
3 主役または脇役を描写する。
ライオンの咆哮がはるかですね。

さて御句、上記に倣って次のように訂正しました。まず、季語を春の空、主役はライオン、その情景は咆哮がはるかです。
「ライオンの咆哮はるか春の空」

頑張って下さい。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

引きこもり傘と無縁三十路かな

作者名 白南風 回答数 : 5

投稿日時:

涅槃図の獏や小狡き面構え

作者名 卯筒 回答数 : 3

投稿日時:

睨み合う右折の車秋暑し

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『吠えられる過ぎゆく空とライオンに』 作者: うううる
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ