俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

道の辺の草花まばらと春隣

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

蒲公英の詠み直しです。

最新の添削

「道の辺の草花まばらと春隣」の批評

回答者 竜子

こま爺様 おはようございます。
お世話になります。
御句
春はまだまだ遠いという句意と思いました。
教えて頂きたいのですが。
草の花という秋の季語がありますが、草花(そうか)は大丈夫でしょうか?
提案として
道の辺の草々まばら春浅し
はどうでしょうか?
それと別に提案させていただきますが、
道の辺の草は青まず春浅し
草青むは春の季語ですが、これを否定的に使えば季語とならないのか?
どうぞよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「道の辺の草花まばらと春隣」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

こま爺様こんにちは。
詠み直されたんですね。
良いと思うのですが、中八『と』は必要なのでしょうか。
省略してもよろしいかと思います。

道の辺の草花まばら春隣

これで説明感がなくなると思うのですが、いかかでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「道の辺の草花まばらと春隣」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは👋😃
私の河豚の句にコメントありがとうございます(*^^*)

やはりオリジナリティーですよね。
しかしながら、そこが難しいです。

御句ですが「と」が気になりました。

こんなのはどうでしょうか。❔

道の辺のまばらなる草春隣

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「道の辺の草花まばらと春隣」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

こま爺さんこんばんは。
やはきにほひ句にコメントありがとうございました。
朝日に匂いなど有ろうはずもなく、こま爺さんの読み通り柔らかな朝日を受けた草花が発する春の匂いです。
貴句、立春を過ぎ暦はもう春ですがまだまだ寒い今日この頃。
道端の草花はまだ、疎らなんですね。素直な一句だと思います。
もしなにかの懸題でなければ、春の季語のほうがよかったのではと思いました。
春隣(冬)

道端の草花まばらに春浅し

またよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

向かひ席の子の垂れ眉や秋うらら

作者名 ちゃあき 回答数 : 2

投稿日時:

春雨や入学式は三日前

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

竿先を揺らして去りぬ鬼やんま

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『道の辺の草花まばらと春隣』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ