俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夕焼けに染まりて見ゆる紅葉かな

作者 ゆとり  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夕焼けに染まって見える紅葉の句です
めちゃくちゃ初心者..というかこの業界に
一歩も踏み入れたことのない中学生です。
ご意見よろしくお願いします

最新の添削

「夕焼けに染まりて見ゆる紅葉かな」の批評

回答者 こま爺

はじめまして。

さっそくですが、褒めてあげたい点とこれから勉強された方が良い点それぞれについて申し上げますか。

<褒めてあげたい点>
切れ字「かな」を使い形式的には良く整っています。

<勉強していただきたい点>
季語に情景を託す
俳句は季語はすでに内包されている事柄 や特徴をわさわさ詠む必要はなく、御句は夕紅葉という季語を使えば、夕焼けに 染まる紅葉と詠む必要はありません。
○冗長な措辞を避ける
見ゆるは、そもそも見えることを詠むものなので不要です。

一応提案します。
「山道の人皆赤く夕紅葉」

センスはお持ちのようですのて頑張っていただきたいと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夕焼けに染まりて見ゆる紅葉かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

ゆとりさん、こんにちは。初めまして。俳句の「業界(笑)」にようこそ!一緒に勉強しましょう。

御句拝読しました。きれいな光景ですねー。上手いですよ。
ただ、俳句にはちょっとルールがあって、季節を表す言葉(季語)は原則として一つ、となっているのです。
それは、季語って主役なので、こんな狭いところに主役が二人いたら、どちらを向いたらいいか迷いますよね。ですから一つにするのです。
御句では、「夕焼け」と「紅葉」が季語で、まして「夕焼け」は夏の季語で紅葉は秋。困りますよね。

それと、俳句は短い中でまとめなくてはならないので、言わなくてもわかりそうな言葉は省くように頑張るのです。
御句では、「見ゆる」とありますけど、見たから俳句にするので、見なければ俳句になりませんよね。だから要らない。こんなふうに省いて、他の要素を入れてわかりやすくしたりするのです。

・夕日浴び真っ赤に染まる紅葉かな

とりあえずこんなのが出来ますよ。「夕日」は季語ではないので紅葉と合わせられます。「見ゆる」を省いて「真っ赤に」という色の要素を入れました。
少し上級になると、「紅葉はもともと赤いから真っ赤とか言わなくても…」とかになりますが、まあ、今日はこの辺で。
また聞かせてください。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「夕焼けに染まりて見ゆる紅葉かな」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

ゆとり様、はじめまして。
俳句業界へようこそー。私も始めて半年の初心者です、楽しんでいろんな句を作っていきましょう!

御句、始めたばかりとは思えないほど素敵ですね!良いと思った点を書かせていただきます。

①「五・七・五の定型で詠む」「季語を入れる」という原則がしっかり守られていますね。
ちなみに「夕焼けは一年中あるのに夏の季語?」と私も思ったことがありますが、一番はっきり見える季節ということで、俳句の世界ではこういうのが多く(「月」は秋の季語とか)、これは毎回チェックしていくしかないかと思います。
秋の夕焼けを入れたいときは「秋の夕焼け」「秋夕焼(あきゆうやけ)」「秋夕映(あきゆうばえ)」などの表現もあります。

②「紅葉が夕焼けに染まっている」という、日常の何気ない1シーンに着目して俳句にする、その感性が素晴らしいと思いました。読んだ人が「あっそういえばたしかに綺麗だな」と気づき、共感できる句だと思いました。

③日常的な言葉だと「染まって見える」になるところを「染まりて見ゆる」と、文学的な表現にされている点も、俳句としての完成度を高めていると思います。
意味は同じでも、こうしたちょっとした言葉遣いだけでけっこう印象が変わってくるので、よく練られた、大事な工夫だと思います。

④余計な情報を入れすぎず、しっかりと「紅葉」という季語が主役に据えられているのも良いと思いました。

⑤俳句上達のコツとしてよく言われる「直接的な感情を書かず、あくまで客観的な描写から読者に感情を想像させる」という点が良くできていると思います。
御句ですと「綺麗だ」とか「しみじみ」「うっとり」「寂しい」などのワードを入れたくなるところ、あくまで客観的な描写に徹しているのが素晴らしいです。
「この紅葉を見てどんな気持ちでいるんだろう」と読み手が想像できるのが、俳句としての楽しさを高めていると思います。

長文失礼しました。またの投句を楽しみにしています!

点数: 2

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

「夕焼けに染まりて見ゆる紅葉かな」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

ゆとり様 おはようございます。
初めましてよろしくお願いいたします。
御句
細かいことはなおじ様がコメントされていますので、簡単に。
句末かなの切字(詠嘆)中七の見ゆる(見・ゆ)の連体形で下五へ続くのは良いと思います。
あと、紅葉と夕焼けの季語二つをまとめた季語があります。
夕紅葉です。
例句には
この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉 三橋鷹女
夕紅葉とみに水音澄みわたり     鈴木花蓑
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「夕焼けに染まりて見ゆる紅葉かな」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

ゆとり様おはようございます。
詳細はなおじい様がすべて述べられていますので、ご提案句だけ。
なおじい様の句、中七に時間経過を入れました。

夕日浴び徐々に色づく紅葉かな

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

湯湯婆のさめて押し出す夜明けかな

作者名 イサク 回答数 : 4

投稿日時:

ぐるぐると水道管にマフラーや

作者名 春野ぷりん 回答数 : 1

投稿日時:

縁側の日差しに残るクモの糸

作者名 黒徹 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夕焼けに染まりて見ゆる紅葉かな』 作者: ゆとり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ