俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

庭積もる白き雪花色競い

作者 星勲  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

庭の雪と白く咲いた花の白さの競いを歌ったつもりですがまとまりませんでした

最新の添削

「庭積もる白き雪花色競い」の批評

回答者 イサク

こんばんは。こちらのお名前変えられましたね。
あちらでの句はしばしば拝見しています。
意見を言いにくい場ですので、見るだけになっておりますが。

御句、俳句としては極めて難しいことをしようとしています。

◆一句の中で「雪」も「花」も詠む
◆花の種類を言わずに花の白さを詠む

どちらもウルトラCどころかF難度G難度くらいの技術が必要で、その難しさに気付いてらっしゃらないことが問題のようです。

細かい点では
◆「白き」と言わなくても雪は白いものなので、敢えて言うのは説明っぽいです
◆競っているのは「色」ではなく「白(さ)」では?
◆「白き雪花色競い」説明無しでは言葉の切れがどこにあるか不安になる形です。初読では「雪花」(=雪のこと)がそれぞれに競っているのかと思いました。

雪の句に植物の花を入れるのは超難しく、私に提案句は作れません。私が誤読した句意で提案するならば

・雪の花庭に白さを競ひあひ

こんな感じです。

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「庭積もる白き雪花色競い」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

星勲さん、こんにちは。
御句拝読しました。詠もうとなさっている光景はわかるのですが、俳句としてはいくつかの問題点があります。
まず言葉の重複です。雪と言えばおおよそ「降る」か「積もる」。間違いなく白い。庭の雪だけで通じます。

次に「花」。この世には数多の花がありますが、俳句で花というと桜になってしまうのです。そうさせないためには、具体的な種類に言及するといいです。しかし、上手く処理しないと季重なりになります。

次に見た目です。原句では、「白き雪花色競い」となっており、これは「白い雪と花が色を競っている」という意味だと思いますが、「白い雪花色(せっかしょく)」というものを競っているように読めます。

提案ですが、

・庭白く色競ひ合ふ寒椿

なんていうのもありかと思いました。
読み手さんが「庭白く」で雪の積もった庭ととらえてくださればの話ですが。
よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「庭積もる白き雪花色競い」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

星勲様 こんばんは
初めましてよろしくお願いいたします。
雪の白さはすべてを無にするようですね。
下手なり提案させてください。
積もる雪すべてを白く染めにけり
よろしくお願いいたします。
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

約束の布団買えずにうなだれる

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

離乳食上の歯気づき秋めけり

作者名 晴峯旬草 回答数 : 1

投稿日時:

笑われて燦々たるや夏の星

作者名 卓鐘 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『庭積もる白き雪花色競い』 作者: 星勲
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ