俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鬼去るもまだまだ遠き四温かな

作者 やまの はるか・  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

中七が くどいですかね それとも それ以前の問題ありか。

最新の添削

「鬼去るもまだまだ遠き四温かな」の批評

回答者 もんこ

やまのはるかさま

やまのさまはあのばね指の方ですね?(^^)(^^)
その後いかがですか?バネ指の具合は?

御句、拝読しました。
ほんとその通りです
鬼が去ってもまだまだ四温には遠いなぁ。待ち遠しいですね。

私はやまのさまの俳句が好きです。
そして俳句に取り組む真摯な姿勢が好ましく思います。

俳句もどこかにユーモアがあったり、ほわっと温かさを感じたり。
お人柄が出ているのだと思います。

やまのさんが出直すなんてこと言ったら、もっと出直さなくてはならない人がいますよ(私か?)

なのでまた宜しくお願い致します!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鬼去るもまだまだ遠き四温かな」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

やまのはるか様、初めまして🙂

俳句に"資格"なんて、才能なんて、要りませんよ😐
とにかく詠めばいいと思うのです。

俳句は"意味"を排除して行くもの、だそうです。
(最近、習いました😓)

宜しくお願いします。

点数: 3

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「鬼去るもまだまだ遠き四温かな」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

やまのはるかさん
お久し振りです。
季節は人の肌で感じるもの。
節分が過ぎたとは言え、まだまだ厳寒の折。四温を心待ちにしている作者の正直な気持ちが痛い程伝わる誠実な句だと思いました。
やまのはるかさんの茹で玉子はいつでもツルンと剥けますよ。
よろしくお願いいたします。

点数: 3

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「鬼去るもまだまだ遠き四温かな」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

やまのはるか様。
御句拝読いたしました。
季語と内容があってません。鬼を出してきたのは、節分が終わりましたというこですね。
四温は、晩冬の季語。当季語です。まだまだ遠いといっておきながら、、下五のかなは、どういう意味のかななんでしょうか?
季語の本意をよく理解して、咀嚼して、味わいつくしてから、投句してみてください。季語を立たせてください。深みのある、俳句を期待しています。

また、宜しくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

風薫る故郷近し車窓かな

作者名 東野 宗孝 回答数 : 0

投稿日時:

鴨川の風を入れたり夏料理

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

春の日にフリル降ろす女子心揺れる

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鬼去るもまだまだ遠き四温かな』 作者: やまの はるか・
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ