俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

節分の豆を小皿の夕餉かな

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

厄払いで豆を少し食べた。

最新の添削

「節分の豆を小皿の夕餉かな」の批評

回答者 なおじい

竜子さん、こんにちは。「拙句」「軒下の豆」にコメントおよびご提案句有難うございました!

御句拝読しました。出来ていらっしゃると思います。
ただ、私はあの豆は、撒くのは得意ですが食べるのは苦手なので(笑)、反応が遅れました。すみません。
我が家では、夕飯を終えて寝る前に、「あっ、鬼は外、忘れてた!」てなもんですよ。
よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「節分の豆を小皿の夕餉かな」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

竜子さんこんばんは。
寒の月にコメントと添削ありがとうございました。
もうすっかり道場の顔と言ってもいいくらい、勉強されておりますね。ご自分の信念をお持ちで、コメントも的確だと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「節分の豆を小皿の夕餉かな」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

竜子様おはようございます。
御句拝読しました。
佳いですね。
小皿の夕餉が効いています。
そちらでは大豆でしょうか?
北海道では落花生をまきます。
御句そのままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「節分の豆を小皿の夕餉かな」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

あらちゃんさん、おはようございます。

なにか楽しそうな夕餉な場面が浮かんできました。
多分、炒った大豆は夕餉のオカズにはならないでしょう。
だとすると、大豆を小皿に盛って、小皿から小皿へお箸で摘んで
移動させるゲーム、これを家族でやっていたのかも。
(忘年会でやったことがありまして(笑))

なんて勝手は発想を楽しんでおりました。
因みに私の住む千葉県は落花生の産地ですが、撒くのは大豆です。
今後ともよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「節分の豆を小皿の夕餉かな」の批評

回答者 やまの はるか・

句の評価:
★★★★★

竜子さま 余寒の句にコメント、添削ありがとうございました。もう節分、早いですねぇ どんどん歳をとっていきます😓 歳の数ほど食べろと いわれますが 御句の小皿盛りのお豆ぐらいが ちょうど いい量ですね
厄除け、縁起かつぎ イベント性が出てる 良い句だと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、やまの はるか・さんの俳句の感想を書いてください >>

「節分の豆を小皿の夕餉かな」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

竜子様。とても楽しそうな食卓が、浮かびます。
そして小皿には、お豆さん。
しっかりと景が見えます。
主婦の目線から、しっかり描写されています。
このまま、いただきます。
勉強させていただきました。
また、宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「節分の豆を小皿の夕餉かな」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

竜子さま。ありがとうございます。
大当たりです。
私の指から、こぼれていく豆。
その豆の正体は?
竜子さま、私の意図を察してくださって、嬉しいです。本当に涙か、でるほど、嬉しいです。
これからもよろしく尾根いたします🙇

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「節分の豆を小皿の夕餉かな」の批評

回答者 やまの はるか

句の評価:
★★★★★

竜子様 こんばんわ
お気遣い下さり ありがとうございました。嬉しかったです。茹で卵の句は タマタマ 上手くいっただけですよ 卵だけに☺️ こちらは 昨秋から休憩しておりました。その間 藤田先生の本を読み直したり、夏井先生の本を読んだり、また 感じ様のお勧めもあり ポスト他 応募もしまして 5~6句 選んでもらえました。道場のお陰様です。しかし、独学では 限度があり また こちらで ご指導頂ければ と舞い戻った次第でした。名前を変えたのに しっかりバレでましたね お恥ずかしい🤣 また 竜子様にもお世話になるかもです。その際は宜しくお願いいたします。ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、やまの はるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「節分の豆を小皿の夕餉かな」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

竜子様おはようございます。
拙句鏡の中のにコメント頂きありがとうございます。
我が家の猫は本当にいろんな仕草をしますので、そのなかの一場面を詠んでみました。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

めいの名はまいと同一人物よ

作者名 めい 回答数 : 7

投稿日時:

神鶏の長鳴きしたり梅雨晴れ間

作者名 久田しげき 回答数 : 4

投稿日時:

蝶よ蝶行方は追はぬ蝶は蝶

作者名 なおじい 回答数 : 11

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『節分の豆を小皿の夕餉かな』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ