俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

電子音豊かに冬のぬくきこと

作者 塩豆  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもお世話になります!塩豆です。
とある俳壇での没句を推敲したものです。
あまりやったことのない感じで下五で着地していますがどう思われますか。
今回は結構適当にやっちゃってます。

最新の添削

「電子音豊かに冬のぬくきこと」の批評

回答者 たけたけ

塩豆様
コメントをくださって、ありがとうございます。お久しぶりです。竹内です(*^-^)
ひなたぼこの句ですが、「あやとり」が冬の季語で実は季重なりなのですが、主役、脇役がはっきりしていないと失敗しやすいですよね。
大丈夫かなとちょっとドキドキしました。

「電子音」は何の電子音かな?といろいろ想像しました🎵
「冬ぬくし」の季語が無機質な音すらも豊かに聴こえさせてくれるんですね。
季語の力を信じている句という印象を受けました(*^-^)

点数: 0

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「電子音豊かに冬のぬくきこと」の批評

回答者 ハオニー

お世話になっております
たまに分かりにくい句を投稿するのは事実です
ハオニーはそこで補足説明をしていないため、本当はすごいのか、ただの失敗なのか、偶然の産物なのか、判断が出来ないのだと思っています

いろいろ意見を言うのは好きですし、上手いとは思っています
今のところは...ですが

冬ぬくしは好きです
しかし、電子音を何とかするためには音数が足りないようです

電子音の正体が分かるか、イメージさせられれば、もっと発想が活かせると確信しています
この語順だと、「電子音」が何か分からないまま展開してしまい、分からなくなった人は置いてけぼりになってしまいます

私の場合こうやって電子音を活かそうとしましたが、塩豆様ならもっと綺麗にやってのける気がします

声音は豊か聖夜の電子音
単身赴任冬あたたかき電子音

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「電子音豊かに冬のぬくきこと」の批評

回答者 04422

千日草です。いつも添削指導ありがとうございます。勉強になります。このような句を詠んでみたいものです。「冬のぬくきこと」良い表現ですね。この位しか、言えません。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「電子音豊かに冬のぬくきこと」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつも添削ありがとうございます。塩豆様の句にコメントする力量が備わっておらずすみません。😫
鶯餅は、日曜朝のNHK俳句咲くさくの兼題です。今、俳句ポスト、山本山、俳句生活、NHK、おうちで俳句、など、選者の迷惑顧みず、手当たり次第詠み散らかしています。(笑)
聞いてください!俳句生活、帰り花のお題で、なんと!複数選戴きました。
塩豆様のように、俳句ポストの複数選、夢というか目標です。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

電子音豊かに冬のぬくきことの批評

回答者 三日酔いの防人

塩豆様、今晩は。
季語『冬暖』、下五の着地については良いと思いました。
『電子音』魅力的で、面白いワードですね。クリスマスのBGMの電子音でしょうか?このままでは電子音が浮いてしまっている気が致します。良いワードだと思いますので、句事態を推敲するのも手かと感じました。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

「電子音豊かに冬のぬくきこと」の批評

回答者 腹井壮

塩豆さん、こんばんわ。いつも御世話様です。

無機質な電子音と冬温しの取り合わせはとても面白いと思います。ただ、原句のままですと電子音が聞こえてこないのが残念なところです。

冬温し厨に充る電子音
冬温し厨に満る電子音

自分のイメージでは家の中で一番色々な電子音がする場所は台所だと思いました。句意に沿っているかはわかりませんが参考までに。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「電子音豊かに冬のぬくきこと」の批評

回答者 世良日守

塩豆様
世良日守です。添削ありがとうございました!
中六のミスは投句後に気がつき、青ざめてしまいました。迂闊でした。
抱けるは、今の私には出てこない言葉なので、とてもありがたいご指摘です。
背骨への着地は私の老いた母をイメージして出てきたものです。お褒めの言葉をいただき恐縮です。ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、世良日守さんの俳句の感想を書いてください >>

「電子音豊かに冬のぬくきこと」の批評

回答者 ねぎみそ

塩豆様、お早うございます。
「年の夜」の句に添削を有難うございます。

とらわれていること(本文)を何とか努力して整理しても、どうしても最後に心のなかに何か残っているようなイメージがあって、それを句読点としてみました。
断つことのできないものというイメージを持つと同時に、人間が最後まで持ち続けるものって案外句読点のようなシンプルなものかなとも思っています。

なかなか、思っていることをまとめるのも 伝えるのも難しかったです。

点数: 1

添削のお礼として、ねぎみそさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春雨や湖に傘さす投網漁

作者名 ケント 回答数 : 3

投稿日時:

天からの祠の中の落花かな

作者名 遠藤 拓治 回答数 : 4

投稿日時:

今は亡き祖母のトマトは熟れて落つ

作者名 ぽもこ 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『電子音豊かに冬のぬくきこと』 作者: 塩豆
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ