俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

母の手が老いて幾度の小春かな

作者 幸福来々  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ただのマザコンです。

最新の添削

「母の手が老いて幾度の小春かな」の批評

回答者 めい

幸福来々様。コメントありがとうございます。
ふたとおりの句も作ってくださって本当に感謝です。
アスパラアスパラと呼び慣れてしまって、
できるだけ、削ぎ落とすという思いも持っているので、アスパラガスは、気がつきませんでした。
気を付けたいと思います。
最後の文章に感激いたしました。
また、宜しくお願いいたします。🙏

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「母の手が老いて幾度の小春かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

幸福来来さん、こんにちは。
御句拝読しました。母を亡くした身としましては泣けます。

お母さんの手を取って、一緒に歩いていらっしゃるのですね。その手に老いを感じている。

「幾度の小春」は、素直に読めば、「もう何度もこんなふうに小春日和の道を歩いたなぁ」という感慨かと思いますが、同時に、「あと幾度、こうして手を取って一緒に歩けるだろう…」という気持ちとも読めます。

いい句です。マザコンなんかではないですよ。
あと、めいさんのおっしゃるように、「母の手が」は「母の手の」となさるとさらに良くなると思いました。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「母の手が老いて幾度の小春かな」の批評

回答者 堀籠美雪

句の評価:
★★★★★

幸福来々様
良い事だと思います。私も母が大好きです。父も大好きだったけれど、病気で亡くなってしまいましたから😭💦その分母に愛情をそそぎたいな、と頑張っています、私は、娘、孫もいるので結構大変ですが…。でも私には姉も弟もいるので、分担していますが…。親孝行、いい事だと思います、お互いに頑張りましょう。またどうぞ、宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、堀籠美雪さんの俳句の感想を書いてください >>

「母の手が老いて幾度の小春かな」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

幸福来々様。よろしくお願いします。
御句拝読いたしました。
老いた母の手が、最初に浮かびました。
幾度の小春で、作者は、母の長寿を喜んでいる
全く悲壮感は、感じられない。
その手は、苦労したであろう、その手は、美しい。
そう、読み取りました。
トンチンカンなら、ごめんなさいm(_ _;)m。

母の手がの が が、気になりました。少し説明的かな?と感じました。
▪母の手の老いて幾度の小春かな

また、宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「母の手が老いて幾度の小春かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

幸福さん、こんにちは。
再訪です。拙句「一ゲーム」にコメントおよびご提案句、有難うございました。
ゲーム好きな子がゲームセンターに入り、まずは一ゲームやって・・・というご鑑賞、なるほどと思いました。確かにそのように読めますよね。というか、そうだと思うとそうとしか思えない(笑)。
読みって本当にそれぞれで面白いですね!

経済効率の点に触れてくださってうれしいです。今後ともよろしくお願いします!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「母の手が老いて幾度の小春かな」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

幸福来々さま。批評有り難くしっかりとうけとめました。
わたしが、花魁の句と軽い感じでいってしまい、反省しています。そこは、夜鷹でも良かったのです。
立ちん坊でも、よかった。
花魁の悲しみをこんなに、深く考察して下さって、頭のさがる思いです。
なるほどな〜と感じました。自分の知性も教養も役にたたない。たつのは、美貌だけ。選ばれる立場なんですよね。廓の世界で、憧れられる存在も
真に自由には、なれない哀しみ。
たとえ、身請けされようと。
この句の解釈の答えは、めでかやさんへの俳句添削にのせてありますが、読まないで〜💦
あまりに軽薄で、恥ずかしいです。
幸福来々さんには、お目汚しになります。
本当に批評、感謝いたします。
考察の勉強になりました。
幸福来々様、本当に男性なのか、疑うほど、女性がおわかりですね。

また、宜しくお願いいたします🙇

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

新米の硬め七勺カレー喰ふ

作者名 いなだはまち 回答数 : 11

投稿日時:

御降の雫をじっと見つめてた

作者名 堀籠美雪 回答数 : 3

投稿日時:

汗拭い友と目指した山頂へ

作者名 みん 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『母の手が老いて幾度の小春かな』 作者: 幸福来々
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ