俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

古い汽車最期に乗せし枯葉かな

作者 森田拓也  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんばんは。
読んで下さって、どうもありがとうございます。

句意は、もう古くなって壊れかけている汽車が、停止する直前、
最期に朽ち果てた枯葉を乗せて走っている、という表現を目指しました。

何か最後の切れ字として表現したつもりの「かな」が疑問の意味の「かな」みたいに
見えまして、ちょっと表現としてまずいかな?って思ってます。

よろしくお願いします。

最新の添削

「古い汽車最期に乗せし枯葉かな」の批評

回答者 腹井壮

森田拓也さん、おはようございます。
いつも拙句に御意見や感想を頂きありがとうございます。

自分はシュールな俳句が好きです。しかし、鉄っちゃんではないがただの鉄道好きからすると壊れかけの旧い電車が走るというのはあまりにも非現実的です。追い討ちをかけて朽ちかけた枯れ葉を乗せているとなると一般詩において詩性はあっても俳句に詩性があるのか疑問です。
一読してかなに関しては切れ字と判断しました。ただし、文法に正しいとか間違いとかではなく違和感があります。まずは現代語でイメージをきちんと練り上げてから古文に訳すようにしたほうがよろしいのではないでしょうか。

自分にとって俳句の本番はコンペであり句会は勉強会です。人様の意見を聞いて少しでも上手くなりたいから出席しています。

森田拓也さんが東京や東京に近いところにお住まいでしたら自分が登録している句会に是非遊びに来てください。その気があるのでしたらホームページのアドレス位は公表できます。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

かはたれの窓いつぱいの刈田かな

作者名 げばげば 回答数 : 11

投稿日時:

山暮れてやがて川暮れ風の盆

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

キャンパスに雪崩れ込むごと衣替え

作者名 和光 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『古い汽車最期に乗せし枯葉かな』 作者: 森田拓也
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ