俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

代掻や山のけむりのたゆたえり

作者 さつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

水田作業の情景です

最新の添削

「代掻や山のけむりのたゆたえり」の批評

回答者 なおじい

さつきさん、こんにちは。
御句拝読しました。代掻が、なんのことかわかりませんでしたので。ちょっと後回しにしてしまいました。先ほど調べました。光景が浮かびました。目の前の田んぼと少し先の山の煙。この対比で農村の風景は出ていると思い、いい句だと思いました。このままいただきます。

ただ、イサクさんのおっしゃるように、このままではもったいないというお気持ちもわかります。

上五を単に「農作業」とか「畑仕事」とかになさらずに「代掻」と具体的な語を用いたこととのバランスを取るために、山の煙を具体的にすると情景に深みが出るのかもしれません。

ここで提案句をと思い考えたのですが、いい句が思いつかないので、申し訳ありませんがこれで失礼します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「代掻や山のけむりのたゆたえり」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

この句のメインの風景である「山のけむり」これがどんな情景を表しているのか、取れる意味が広すぎてもったいないかと思います。
家から出る「炊事の煙」?
山小屋から出る「薪の煙」?
それとも霞がかかったかのように「山がけむっている様子」?

「けむりがたゆたう」で強い風ではないことはわかりますが、逆に言えばけむりは「たゆたう」ものなので、手を付けるとしたら下五でしょうか。

・代掻や山のけむりのたちのぼり (炊煙っぽくなります)
・代掻や山にけむりのたちこめり (霞・雲っぽくなります)

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

研ぎ上げてまずはトマトを真二つに

作者名 知世 回答数 : 7

投稿日時:

返礼の品比ぶるや年の暮

作者名 めでかや 回答数 : 7

投稿日時:

梅が香に憩ふ発車の五分前

作者名 たけたけ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『代掻や山のけむりのたゆたえり』 作者: さつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ