俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

押印の欠けたる縁や冬三日月

作者 あらちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

うまく印鑑を押せなくて縁が三日月状になった

最新の添削

「押印の欠けたる縁や冬三日月」の批評

回答者 めい

あらちゃん様。いつも、コメントありがとうございます。

御句拝読いたしました。
最初、印鑑が、欠けているんだと思いました。
コメント詠んだら、押印に失敗したんですね。
それを冬三日月の季語にたくしたと言う訳ですね。
しかし、この六音で、リズムが悪くなっているのが、惜しいです。
そこで、冬三日月に変わる言葉として、
▪押印の欠けたる縁や冬眉月(ふゆびげつ)
としました。
気にいってもらえたでしょうか?
また、宜しくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「押印の欠けたる縁や冬三日月」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

あらちゃんさん、こんにちは。
まずお詫びですが、昨日の私の他の方へのコメントで、あらちゃんさんをあらちゃんと呼び捨て(?)にしてしまいました。失礼しました。

さて御句拝読しました。これは面白い句ですね!光景が見えます!

しかし、これは私の感想ですが、下五は「冬三日月」ではなく「冬の月」のほうがいいような気がしました。
その理由は、冬三日月ですと六音になり、リズムが今一つになること、それと、「失敗した押印の形が三日月のようだ」と、季語が例えの対象になってしまうことからです。

ただ、これを「冬の月」とすれば、いい取り合わせとなると思います。
大事な押印なのにしくじってしまった。ああ、どうしよう・・・思わず外を見ると、冬の月がきれいに輝いている。・・・うん、まあいいか!
とかね。

・上端の欠けた押印冬の月

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「押印の欠けたる縁や冬三日月」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

あらちゃんさん、こんばんは🙂
お世話になります。

印鑑の欠けを三日月に見立てた比喩は、印象的だと思いました。
「縁」は"ふち"ですよね…
それとも印鑑に関わる、何か"艶"でも…?(笑)
意味深にも読めなくありませんかね…。
どシンプルに、
「押印の欠けてをりけり冬三日月」
とか…

宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「押印の欠けたる縁や冬三日月」の批評

回答者 堀籠美雪

句の評価:
★★★★★

あらちゃんさま
綺麗に鋭く冴え渡る冬の三日月を連想しました。綺麗ですね。あらちゃんさまは印まで季語にしてしまうなんて、詩人ですね。私は銀色夏生という詩人が好きです、女性ですが、よく男性と間違えられるそうです。銀色夏生握手会なるものを、他人の男性が偽って開いた事をきっかけに、女性と公表したそうです。私は初め、あらちゃんさまを女性と思っていました。「ちゃん」と、付いていたせいかな。それから添削ありがとうございます。面白いと言われて嬉しい😄です。やはり笑顔はいいですよね。

点数: 1

添削のお礼として、堀籠美雪さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

炎天下黄薔薇めいて清掃員

作者名 孫春艶 回答数 : 1

投稿日時:

ちちロ虫鳴いてるさきは夜の闇

作者名 金太郎 回答数 : 3

投稿日時:

綿柎ふき紡いで糸は布となり

作者名 流れ星 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『押印の欠けたる縁や冬三日月』 作者: あらちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ